THE 深刻劇場…パート3 深刻な人はどこまでも深刻( ;∀;)

THE 深刻劇場…パート3 深刻な人はどこまでも深刻( ;∀;)

みんなおはよう!!
7月セミナーウィーク終わったね~~。(^_-)-☆
セミナーウィークが終わって、感想を書くのに忙しいとは思うけど、
”感想”って読んで字の如く、感じて想ったことなんだよね。

先生の本”やんちゃな神さま”にもあるけど、P130の第3章
「人生は超シンプル・・・ただ思うだけ」からのページに書いてある。
本当にただ思うだけ・・・。
沙織の最近のブログ「浅はかなのに幸せ」
でも、沙織が言っているけど、ほんとに思っただけ。

人生そんなに簡単なら苦労はしないよ!!と思っている人は、
その思った”苦労”が自分に来るだけ・・・なんだよね。

幸せになりたいなら、自分を幸せにしたいと思うだけですよね~~。

ということで、今日のブログは深刻劇場・・・第3弾。またまたあの大泣きしたお友達、Mさんの話。
何回か、セミナーやEnRichでも言っている話ね。

 

高校を卒業して沖縄県外に就職した私。病院が持っている寮に入ることになった。
寮とはいえ、初めて親元を離れ何にもしがらみのない生活―――――――!!!!!とテンション高め。
仕事は忙しく、毎日寮の門限には間に合わないくらいの仕事量だったけど、結構、満喫していたんだわ。

そして、あの部活の同期Mさんも、なぜか同じ病院に就職。
高校3年間、クラスは一緒、部活も一緒、就職先も一緒、寮も一緒。
寮の部屋は違っていたけど、腐れ縁だな~~って思ったわ。

 

で、週末は大好きな、元町や異人館巡りしたり、時間さえあれば京都の嵯峨野、奈良公園に行って過ごす毎日だった。
まあね、当然みんなの気になるところは、この友人Mさんと一緒に行ったんだろうな~~って思うでしょ?
ところがどっこい、私はすぐに男友達ができてその友達と一緒に出掛けていたんだね〜〜〜。( ゚Д゚)
とは言っても、沖縄から来ているからといろいろドライブに連れて行ってあげる・・・という名目なんだけど。

私は、昭和のフォークソングが好きだったから、その歌詞に出てくる場所を見て回ったり、古典に出てくるような京都の場所をめぐるのが好きでよくいっていたのね。

そんなこんなで、出歩くのが多かった私。
いつしか、友人Mさんと出歩くのがほとんどなくなった。さらに、職場での経験を積むにしたがって仕事も責任ある内容になったからますます、すれ違いが多くなっていった。
ほとんど会話は、仕事中の仕事のことだけ。($・・)/~~~

そういうことが当たり前になっていったある日。
みんなで、鉄板焼き屋さんに夕食に行こうってことになり、久しぶりに友人Mとも一緒になった。

どんどん食べるものだけでなく、お酒の飲む量も増えていく・・・。
看護師って、酒飲みが多いんだけどもれなく私たちもそう。
先生にも酒豪って言われたわーーーー。でも酔わないんだよね。

 

そして、飲んで抑制が外れたのか、突然Mさんが、
M:幸美!!! 言いたいことがある!!!!言いたいことがあるんだけど・・・

私:またなにかい・・・・、結局、言うんだろーーーが、さっさと言えよ!!

M:あのさ、二人で一緒に沖縄から出てきて、同じうちなぁんちゅなのに、なんでいつも私は誘わないの!!!
いつも彼氏とだけ出掛けて!!!!! 私は、一人ぼっちなわけ、いつも寮で一人なわけさ!!💢💢💢💢

・・・・・・・・・・・

私:意味わからん、何? 一緒に出掛けたいわけ?? だったらそう言えや!!

M:違う!!!! そんなこと言ってない!!

私:じゃあなによ、なんだばーーー、おもしろくないばーよ、毎回、毎回、いかにも幸美にいじめられている可哀そうな私って言い方してやーーー

M:やっぱり、あんたはひじゅるーだよ!!

私:分らんものは分らんのじゃ!!!!

 

それから、先輩方と折り合いがうまくいかなくなったのは言うまでもない・・・、
可愛そうなM、冷たい幸美 というイメージがつきまとい、
仕事ちゅうの昼食は、いつも最後。休憩時間も先輩方に誘われることなく、お出かけも誘われることなく、
唯一、恐れられている先輩Kさんと同じ沖縄出身の先輩だけが、公平に接してくれていた。

女の嫉妬は恐ろしい・・・・。

 

今、人間学でも話されているけど
地球の悪い習慣、風習、文化? というのかな、それが「所有」という概念だと言っていた。
それをひっくり返すのが、「価値観の転換」なんだよね。
所有って当たり前みたいだけど、土地や建物、自分の財産っていう考え方。
友人や、彼氏、彼女、家庭や子供に至るまで。
それこそ、誰かが、誰かを、何かを所有することは、ナンセンスなこと。
そういうのがないのが、5次元な生き方。

命はすべて繋がっている、命は一つ。
そして生かされている。
所有を超える生き方、それが「愛」なんだよね。

人はもともと愛でできている。

前にも言ったけど、行きたいなら、「一緒に行きたい」と真っ直ぐ言えばいいだけ。
言えばいいだけなんだよ。
生理的欲求の”どうしたい”をゆがめるから、面倒なことになるんだよ。
自分の可哀そうなドラマに周りを巻き込むなよ!!

結局さ、そのMさんが結婚して息子が社会人になった時、
息子は立派に”可哀そうなお母さん”を支えるために、自分の進路を決めたんだよ。
ハッキリ、言ったからね、可哀そうなお母さんを支えます!!って。
これってヤバくないかい?って思うけど。

 

”どうしたい?” は ほんと魔法の言葉。
問いかけは私。
私は 方向性。
方向性は 変化。

今だからこそ「変化・変容」の時。

だからこそお薦めしたい先生の著書。計4冊なんです。

29+