はいた~い❣
講演会Story担当の未亜っす~😁✌🏻

学校へ行こう!深堀編✨第3弾❣

深堀ってなぁに?って人は初回の記事
「学校へ行こう!シリーズ「深堀🎁✨」編❣」

「学校へ行こう!深堀 編✨第2弾❣」
を観てね❣

今回で最終回となる「深堀編✨」
みてくれて ありがとう~❣

もっともっと たくさんの人に
みてもらいたいから
みんな次の人に繋げてあげてね❣

それじゃ れっつごー❣
 
 

   

 

学校へ行こう❣️シリーズ
興南高等学校 編
金城 博美

 
テーマ
⭐️人生を楽しく自分のものにする方法⭐️
 
興南高校の「学校へ行こう」講演会は、
博美が、高校生の時にずっと見ていたやつ!

この講演会を、毎朝支度する時に
3年間ずっと見てた❣️
学校へ行く準備しながら、
先生の真似をしたり
おはよ〜の挨拶の練習をしたりw
 
そんな自分が今やお母さん😊💕✨
 
今は、家事をしながら、
息子 幸哉と遊びながら
ご飯食べながら
支度しながらみてるなぁ❣️

高校生の時見てたのと、聴こえ方がめちゃ違う❣️
ほんとに違う❣️
今まで何聴いてたの❓
ってくらいw

今回見て
まず1番ヒットしたのは、

-1-
むっつり禁止

 
 
黙るんじゃなく 喋ると決める❣️

挨拶のほんとの意味
愛をもらったらさつをかえす!
それがあいさつ🤝
しかも相手より元気にかえす!
おはよう☀️😃っ!!!

何回も聴いてたけど
「あーほんとだぁ〜!
そっかぁ〜」
ってめっちゃ思った!

むっつり禁止って聞いて思うのは、
博美は、いつも相談がなくて
ねーねー聴いてがない!w

これは、ずっとみんなが博美に言い続けてくれている❣️

「博美喋るんだよ!
練習だよ〜 ねーねー聴いてって
普段からしてたら相談する時も気負わないで
普段話すみたいにできるよ〜
気持ちを話す練習をしようね!」

今博美は、気持ちを話す練習中!

気持ちを話していったらみんなが博美を大切にしてくれている、愛してくれてることがめっちゃわかる😊

ほんとに有難うだなぁ〜
 
 
次に!

-2-
どうせどうせならどうせだなっ🙋‍♀️💕

 
 
これ魔法の言葉🧙‍♂🪄だよ〜

どうせこんなだし
あんなだし⤵️
では、なくて!!

どうせどうせなら〜
どうせだなっ!!⤴️

これほんとにすごいよ〜✨✨
先生の真似して、口に出していってみよう!

どうせどうせなら〜
どうせだなっ✨
 
 

-3-
考えるんではなく動く❣️

 
 
とにかく動く!
動いて感じる❣️
リアルに、どう動くか教えてくれてて
運動も練習✨って思った!
まずは、やってみる!動いてみる!
 
博美は、ヤンチャリで、経験したなぁ〜🚴‍♀️❣️
部活も体育もやってない!

動いたことなかった博美が、
ヤンチャリで、
みんなと走る!
大きな声を出す!
とにかく漕ぐw

ほんとに動いたら変わる✨
初めて生きてる✨生きるって動くんだ〜✨
ってワクワクした❣️
 
この講演会で、
・リアクションをする
・むっつり禁止
・笑顔
・元気
・体育会系
を教えてくれてる!

めちゃくちゃわかりやすい❣️

誰かのせい
何かのせい
お母さんのせい
では、なくて

全部自己責任❣️
全部自分
私しだい!
待つんじゃなくて掴みに行く!
全部❣️

あー
動いた分❣️
行動した分❣️
話た分❣️
喋った分❣️
話すのも行動❣️
運動した分❣️

練習だなって思った😊

先生の話を本当に沙織さんが言ってるように
「あー!そっかあ〜」
ってきくだけ❣️
先生は、答えしか言ってない❣️

本当だなぁ〜って思った✨

「学校へいこう」
をみかえして、
高校生の時、
よし頑張って学校行くぞ!
楽しむぞー!
こんな気持ちでみてたなぁ!
って思った✨

大人って楽しいんだなぁ!
楽しそう!
これだけを希望に学校いってたなぁー!

いつか博美も学校で講演会やりたいなーと思って見てた❣️

今回も改めてやりたいなって思った〜⤴️🙋‍♀️❣️

今も見終わったあととってもワクワクする😊💕

子供にもお母さんにもオススメ✨
 
今回「興南高等学校」講演を観て
博美がおすすめしたいDVDはコレ❣

九州ツアー

『自分を幸せにする✨』
『幸せになりたいなぁ〜』と思うだけ✨
これだけだったw!
そして実は、もお幸せだった❣️
幸せだと気づくだけ!
見てみてね❣️
 
 

 

 
 

– 関連リンク –

・「親力プログラムって⁉」の人 は【こちら】
・「笑って子育てしたい❣️」人 は【こちら】
・「金城先生って⁉」の人 は【こちら】
・「金城先生の環境って⁉」の人 は【こちら】

 
 
 
 
 
– 関連記事 –

沙織BLOG
「自分次第」がテーマの記事
「自由自在」
「一直線」

HAPPY BLOG
「自分次第」がテーマの記事
「この歳になったら. . .いや、この歳になったからこそ」