おさん(お産)!

生徒さんから、こんなメッセージをいただいた。

一見女性向けのお話しに思う“おさん”というテーマを、

男性(僕)がどうとらえているのか、読んでみたい!

今まで、考えてみたことなかった(^_^;)

だから、文にしてみる٩( ᐛ )و

金城先生のお話される おさんの話し

出産は 赤ちゃんを産むこと

お産は 自分を生むこと

“おいち”“おに““おさん“をお聞きして、感じる“おさん“は、『覚悟』腹をくくる!って思ってる。

重くも軽くもなく、決めてる事。

僕にとっては、先生との出逢いが、まさに“おさん“だった、

人生のどん底だと今思うくらい、僕が暗かった。

僕が、今その時の僕を思い出しても、こんな暗い奴、近づきたくないと思うし(笑)

現に離婚をしたり、経営する(美容室)お店のスタッフもいなくなっていくし、お客様も離れていくσ^_^;

細々虫の息で経営していた(笑

でも、そんな中、確実に僕が思っていたのが、“金城先生から離れない“という確信!

自分の中で重くも軽くもなく決めてる事!

現に、あの頃 金城先生のセミナーは、東京では無くなり、3年ほどお会いしていなかったが、僕の中に会えないとか何の不安もなかったし、会ってなかったことも、今「そういえば、そうだった」ということの程!

僕の中で決めていた「離れない」という姿勢は物理的な事ではなかった。

それ程に、あのどん底での金城先生の“笑い”のカウンセリングは、真実の扉だったし、答えだった。

どこにいようと、誰といようと、どんな時でも“笑い”の心地なんだ!と僕の奥底にあるだけでよかった。

そして、この真実を、

「一人でも多くの人に!」と決めていた。

できるできない!など、思ってもいない。

ただ、そうしたいと思ってる。

これが、僕の“おさん”だと思う。

言葉にすれば『覚悟した自分』という意味

沙織のブログにで言うところの

『生まれ直し』だ

僕は 生まれ直した

先生のもとで離れず 一人でも多くの方へ

先生の教えをお伝えする

そう覚悟を決めた僕が生まれた

それが僕のお産

出産って、そういう経験を無条件にしているのが、お母さん!

すごいと思う。

「この子を守る」と思ってる。

できるできないではなく、

ただ、そう思っている。

母は、すごい。

何かそこに、女性には敵わないな!と思う僕がいます。

女性に対する無条件の尊敬です。

50+
大塚正治
  • 大塚正治

1件のコメント

  • 覚悟を決めた自分が生まれること
    それが”おさん(お産)”✨✨
    私は3度 出産してる。
    その度に 足のつま先からぐわっーと
    わきあがるエネルギーや
    「何があってもこの子を守る!」
    と奮い立ったことを思い出しました。
    あの日あの瞬間に 自分に起きたことを
    子どものためじゃなくて、
    自分のために起こしたい❣️✨
    書いて下さって、ありがとうございます😊

    2+

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です