当たり前の不自然❗️    『親切』

当たり前の不自然❗️ 『親切』

 

今回の楽屋インタビューのテーマは

『当たり前の不自然』

 

☝️これ〜✨✨

まさに今 一人ひとりに

問われてるところ!

 

先生の一言一言に

うんうん ってうなづくことばかり(笑)

 

ずっと

先生が問いかけてる

 

何で 結婚したの?

何で子供産んだの?

何で学校行ってる?

何で仕事してる?

 

当たり前すぎて

思い込んでいるから考えもしない💦

だから 問いかけられても

答えきれないくらい 無意識だった😅

 

見直したら

皆んなするんだから 当然じゃないの??

ってくらい

それくらいの  動機でやっていることが

いかに多いか💦

 

でも 今回 コロナをきっかけに

先生がずっと問いかけてることが

始めて聴こえた!

 

例えば

子供を何で学校に行かせるの?

 

娘(ゆうゆ)は中学生

先生はずっと

問いかけて 矢印を向けてくれてる

 

自分がそういえば何でだろう?と意識して初めて自分に矢印が向く

 

今の教育は 家庭教育でも学校教育でも

安心無事に受験、就職 そして高収入へと無意識に向かっているし

それが当たり前とさえ思っている

 

私も もちろんそうだったから

疑ってすらいなかった

 

私自身 小、中学校に

高校はこれでも進学校(笑)

看護学校にも行った😅

 

でも暗記で覚えた 学力は

受験の ためであって

それは就職のためだった

 

表面上は仕事は出来る

でも 人としての感覚は

全くもっての不感症

 

こんなに勉強しても知識あっても

それは頭の中の机上の空論で

生きることには何にも役に立ってない

自分に何にも身についてなかった💦

 

その事実をはっきりと自覚し

それまでの私が崩壊したきっかけが

子育て‼️

 

事実を簡単に言うと

助産師という資格があって

現場経験もあって、医学書や専門的な知識もあって 児童心理学から母乳育児、

カンガルーケアー、抱っこ法から

マタニティヨガまで

ベビーマッサージなんて

資格も持ってるのに

実質、自分の子育てって言えば

夜泣きの寝かしつけすら 

どうしていいか分からない😅

 

毎日 スムーズに寝てくれない娘を車を毎日走らせてドライブで

限界スレスレの精神状態で

寝かしつけていた

 

おまけに 先生に会うまで 

とても激しい人見知りだと思ってた娘

でも 先生のちょっとしたアドバイスと

コミュニケーションで娘の人見知りは

一発解消❗️

 

もうそのショックは

言葉にならないくらいに崩壊💦

 

知識と知恵は 全く違うし

勉強して記憶で「憶えて」も

経験から体感的に「覚える」ことは

知ること

その違いは 比較にならない

 

先生に会って

親力プログラムで学んで

寝かしつけひとつでも

どうすればスムーズになるのかって学ぶと 

そもそも子供をどうにかするって

次元じゃなく

お母さんが心地よく過ごしていると

子供はそもそも心地よく

いつも寝るってこと

 

当たり前なのは そこ!

私が当たり前と

思ってたことは不自然……

 

何てったって スキンシップが

義務的な摩擦なんだから(笑)

子供にとっては 全てが不自然(笑)

 

そこから

親力プログラムでゼロから

人としての当たり前を学んだ私

自分を生きる

幸せにすると

先生に出逢って

生きる価値も目的も変わった

 

そんな生きる価値を変えたつもりの

私だったけど

それでも今の今まで  子供は

学校に行かせている矛盾があった💦

 

テレビでは当たり前のように見えることも ちゃんと事実を調べると

マスクのリスクも ワクチンの危険性も

適当な対応では済まされないこと

それこそ子供の一生を左右するほど

危険なことも

気付いていなかった

 

今回 楽屋インタビューでも先生が

言っていた 『親切‼️』が

ここにまで影響してるんだ!って

わかった

 

事実を知っても

見たいように見てる とか

違いがわからないから

どこかで期待してる とか

誰かや何かのせいにしてるとか

1%でも持ち込んでいたって気づいた

 

こんなことも一つひとつ

親切 でクリアにすればするほど

私はどうしたいかとはっきり

クリアに見えてくる

 

本当に親切 って凄い‼️

 

そして私が私の気持ちを大切にする!

丁寧に扱う 自愛 に尽きると 改めて感じた

私は私を生きる

それは愛を生きること

 

それまでの当たり前の価値観

そこに幸せは無い

 

私は経験したからこそ

これまでの価値観が崩壊して

本当に良かったって思う

 

私と同じように みんな生きてることが

ほとんどだと思うから

 

みんなに気付いて欲しいって 

今は心からそう思う😊

 

追伸!

 

私が結婚してたころ

先生が静かに話してくれた

 

先生

『ブタは自分の食べるものにしか

興味を示さないし

いつも自分のことばかり

でも犬は 自分の主人、リーダーに忠実で

従順で とにかく貢献する精神で

遊び心がある

同じ動物に見えて 生き物が違う、

そこでなんだけど

あなたの旦那さんをブタに例えて悪いけど

由貴子は ブタを飼ってて

そのブタにポチと名付けてしまった

だから犬だと勘違いしている

家族のために忠実に働いてくれると期待して 炊事洗濯や子育てなどいろんな手伝いも期待して

お手やお座りや待てなど

いろんな躾けをしても

ひとつも聞かないし身に付かない

そんなブタに 言うことを聞かない

働いてくれない、娘と私の幸せを

考えてくれないって相談している

だから私は由貴子に問いかけた

『ゆきちゃんそれブタだよ!』って

でも由貴子は犬だと思ってるし

犬だと思いたい

『でもポチって名前なんです💢

って旦那をかばって反論すらする始末

犬だと思いたいから聞こえない

親切も お母さんを好きでいたい

という感情を挟むから聞こえないし

事実確認すら出来ない』

って話してくれた

 

本当に何年もかかって

本当に苦しくて苦しくて

本当に苦しさから抜け出したくて

本当に幸せになりたくて

問いかけが起こった

幸せになりたいって

 

不思議なことに

幸せになりたいって思った途端

嫌われたくない感情とか

好きでいたい感情とか

犬と思いたい感情とか

いつか立派なお父さん、旦那さんに

なってくれるはずって思いたい感情とか

とにかくありとあらゆる感情が消えた

 

先生に言わせれば ハッピースイッチの

脳の回路にシフトしたって教えてくれたけど(笑)

 

そこから全てが変わり始めた

そして先生の声が、言ってることが

聴こえ始めた

 

幸せになるって覚悟をして

離婚を旦那に伝えた

いつもなら 適当に誤魔化す旦那も

覚悟を決めた私を感じて

離婚を受け入れた

 

でも 離婚を受け入れた次の瞬間

旦那から出て来た言葉が

 

「じゃぁ 俺の住むところは

                                   どうなるんだ」

だった・・・

言葉を 失った

せめて 人としての欠けら

旦那としての欠けら

お父さんとしての欠けら

その ほんの少しの 欠けらの まともさ

それすら無かった

 

先生 言ってたなぁ〜

ブタは自分のことしか考えないよって

そこまでとは思わなかった

いくらなんでも

せめて

いろんな感情が 成仏した

 

先生曰く、 本当の親切は明るい

本当に そう

成仏したぁ〜って思った時

本当に 心の奥から 笑いが出た

 

親切が 甘いと

自分の

見たいように

思いたいように 観て

事実が全くみえない

 

結婚したからって

旦那だからって

当たり前に 働いてくれる

当たり前に  子育てしてくれる

当たり前に 一緒にいる

当たり前でしょ  って

思い込んでいたけど

 

当たり前って

それ自体が 不自然だった〜

 

親切を通して  人生すべてに透明感が

くっきりと出て来た

コロナを通して 情けと愛の違い

お金と命、向き合うこと、誠実さ

などなど 人生で本当に何が大切かが

明確になって来た

 

当たり前の不自然

見直すと 本当に奥があって凄いよ〜

 

関連リンク -----

 

 

親力プログラムって何の方はここ↓↓

HOP –ハッピー親力プログラム

 

絶対✨観て!  今だからこそ↓↓

 

開発者 金城幸政先生による

親力プログラムの必要性動画

 

 

私・由貴子が書いてます😊↓↓

親力のアレコレBLOG

 

今だからこそ✨全巻観よう😊↓↓

親力プログラム永久保存版DVD

『親切』これで人生の混乱が全て片付く❗️

 

LIFEVISION  新聞

「親力」の新聞バックナンバー❗️

 知りたい方はここ↓↓

 

 新聞 1号「親力プログラムの必要性」

 

 新聞 2号「生きる力って⁉️

 

 新聞 3

   「ユーモアと楽しむことが人の本質❗️

 

 新聞 4号「命は楽しいもの❣️

 

 新聞 5号「たかが挨拶❣️されど挨拶❣️

 

    新聞6号

    「金道から人道へ  

             それは愛着心とスキンシップ」

 

 

 

 

PAGE TOP