1010HAPPY 青山 「思し召しより米の飯」

3月1010HAPPY 青山スタートしました〜〜。🤗
今日のテーマは『思し召しより米の飯』。
1010HAPPYのテーマって、人の仕組みに沿ってカリキュラムが組まれている。
最終的に手渡したいのは『生きる力』なんだけど、生きる力って具体的に何?って言われても、ピンと来ないのが事実。
だけど生きる力って、『誰といても、どこにいても、どんな状況でも大丈夫と言える』人間力をもっていることなんだよね。


けど、私はどこにいても、大丈夫⁉️ と自分では思っていても、仕事、家庭、周りの影響を受けている、周りの人の意見や目が気になるって思っているなら、自分のことを知らないし、大丈夫と思えてないよね〜〜。

そういう意味でも、ここ親力で言う『親切』はとっても大事。
そこに導く、ひとつひとつのプロセスは、生きてる実感、自分の存在を感じられるんですよね。
今日のテーマは、「実」 現実と理想の違いにハッとする内容ですよ〜〜。
まずは、アシスタントの話からです(^○^)


〜沙織〜


みんなは、このテーマピンとくるかな〜〜???
簡単に言うと、
思し召し は  “想い” “理想”
米の飯  は  “事実” 現実 
なんですよね。

みんなは、理想と現実がごちゃごちゃしているからイライラするわけ。
沙織は、前に沙織ブログで‘人生最大の親切’って記事を書いて本当に‘親切’大事だな〜、全部そうだな〜って思ったわけ。

そのときに、先生に、‘沙織お前めんどくさい’って言われたんですよ。
こう見えても沙織はさ、自分のこと内気だと思っていたわけ。
言いたいことが言えない、話せないって。
でも、“沙織がさおりのことに責任をもたない”からめんどくさいわけ。

ある時、沙織は『喋ろう』って決めたわけね。
すると、肝心なことは話してないって気づいたんだよ。
で、親切して、理想と現実が見えた時、子供との関わりでダメなもはダメが見えたんだよね。

それまでは、子供に‘なんでさっさとやらんわけ‼️’って言ってたんだけど、子供のやっていることが見えたんだよ。
これを、全部“感情問題”にしているわけさ。
理想と現実のギャップ、
だから、思し召しより米の飯なわけ。 

〜由貴子〜


みんな、沙織の話聞いてどうだった〜?
理想と現実のギャップ‼️‼️で苦しんでいる人が多いと思うんだけど。
私も、先生に出会ったときに、‘由貴子あんた、気分で子育てしてない?’って言われたんだけど、昨日はおかし食べていいよって言ったのに、今日はご飯前だからダメとか。

で、私が助産師しているときに、多かったのが、理想の高いお母さんほど、イライラがひどいわけ。
スマートに、かっこよく子育てしたい・・っていうけど、現実、実際は、母乳とおむつ交換で、髪はボサボサ・・・。😂
この“理想と現実のギャップ”よ⁉️

私は、先生に会ったときに、現実、‘実’を教えてもらったわけ。
でさ、‘相談’って、最初からするもので、‘想い’を話すこと、“気持ち”を話すことが相談なんですよ。
私は、助産師の時に、先輩に‘由貴子、仕事は、チームワークなわけ。単独行動で、気持ちを言わないから、分かりづらい’って言われたんですよ。
その先輩に、注意されたとき、私の方が仕事とプライベートを分けてなかったって分かったんですね。

「命は公」なんです。Openなんですよーー。
それを、お母さん方は子育てでやっているわけ。
自分はこんなタイプ、私はこうです!!って自己主張の子育てしているわけ。
私が、仕事とプライベートを分けられていないのと同じで。

で、親力でいう『実』というのは、“ハグ”すること。
思し召しより米の飯 って言ったとき、ハグが米の飯で、現実なんです。

======================

10+

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です