もしもこんな不動産屋があったとしたら、、、の巻

ある日、カフェの物件、土地探しで北へ南へと小堀と恵里子は車を走らせていた。その日はいつになく、2人の息がピッタリで不可能を可能にするぐらいの勢いで、過密スケジュールをスイスーイと氷の上を滑るようにスムーズに事を進めていた … 続きを読む もしもこんな不動産屋があったとしたら、、、の巻