HAPPY BLOG

LIFE VISIONスタッフBLOG

HAPPYブログ, ・真志喜 恵里子

家庭菜園は楽しい


私恵里子は土いじりが大好き❣️

小学生の頃、

とーちゃんと近所の空き地を借りて

畑をやった経験があまりにも楽しかったからだと思う。

 

これさ、今日の金城先生の継続は信頼なり

『楽しまない経験は

体験の意味すら無いものだ』

そのまんま

 

小学生の楽しんだ経験が還暦迎えた今でも

エーリの中に色濃く残っている。

しかも、それを思い出すたびにあの時の感動、

気持ちが今も在るんだよ。ここに❣️

 

だからー、

楽しむは凄いことなんだよ✨✨✨

 

だからー、

楽しむは大事だわけさ❣️

 

楽しむ経験は宝になるわけさ❣️

 

土を耕して、ウネを作り、種を撒く。

苗は市場にも売っていたと思うけど、

我流の強いとーちゃんのことだから、きっと種からやりたかったんだはず。

だから、すべて種まきからだった。

畑はゆるい傾斜になっていて、

低地のとこにため池まで掘ってた。

ため池を造った時は初めてのことでメチャ楽しかったなぁ〜。

 

余談だけどさ、考えてみてよ、

子供が穴掘ってみ、

絶対大人に怒られるよ。

それが堂々と出来るんだよ

しかも褒められる

面白いと思わない?

はい、余談終わり

 

夏の日照りには野菜たちが萎えてしまって、

ため池ごと消えてなくなるんじゃないかと泣きたくなるほど心配したよ

だから雨が降ると、

本当に有り難かったし、逆に降り続くと根腐れに悲しくもなった。 

本当に野菜に傘をさしてあげたくなることもマジあった。

小学生なのに勉強のことよりも

天気が気になってしかた無かったなぁ〜

 

ビニールハウスなんてもんはないから、

季節ものの露地栽培が当たり前で、

その時期時期の栽培だから自然のうちに季節野菜がわかるようにもなった。

喜ぶことと、うなだれることが交互にあった野菜づくりだったからこそ

収穫できた時はなんとも言えないぐらいに嬉しかった。

収穫した野菜を手にした時、

とても感動したのを今でも覚えてる。

見惚れるだけで、食べることさえ忘れた。

小さくても、歪でも、どうであっても可愛く思えた。

まるで自分の子供みたい

 

少しムカつくこともあった。 

とぉちゃんから畑をやるって聞いた時、

農業経験者ではないとぉちゃんに、果たして畑ができるのかな〜って、

子供ながらに気になったから聞いたわけさ

「畑できるの?」

「ちゃんと野菜収穫できるの?」って聞くと、

ムッとした顔で

「やってできないことがあるか」と

いつものとぉちゃんの言葉のパンチを食らった。

恵里子チーン

 

とぉちゃんは神様なのか

何でもできるってか

(恵里子の心の声)

 

倍返しのとぉちゃんが恐くて恵里子は貝になるしかなかったわけ。

くやしいけど、、、

 

そして、何をするにもとぉちゃんには言葉がない。

聞いても返事すらしないのがとぉちゃん。

とにかく会話ができないのがとぉちゃん。

見てわかれ❗️がとぉちゃん。

それがとぉちゃん流の教え方だった

乱暴といえば乱暴かもしれないけど、

目を離さずとぉちゃんを見るしかないから『観る』が育ったのかも✌️

 

とぉちゃん、にひぇーでーびる(父上ありがとう)

 

畑に出たい私は、とぉちゃんがどうあれ関係なかったわけよ。

ただ土いじり、畑仕事が好きなんだから、畑に出れさえすればそれで満足だった。

どうしても畑に出たい。

ただそれだけだったわけさ

 

子供の頃の楽しいは今でも続く❣️

きっとそれは死ぬまで続くね

土いじりが好きで本当に良かった❤️

 

なんでかって言う?

ライフビジョンのすすめる環境教育と、

これからやろうとしているカフェ構想にも深く繋がっているからだわけ✨✨✨

子供の頃の土いじりは予行練習だったように思う。

ほんと、有難い経験をさせてもらえたと今は心底思う。

 

楽しんだから続いた。

続けたから見えたこと、感じたことが沢山あった。

ぜーんぶ丸ごとありがとうって感じ

 

次も畑話を伝えるから楽しみにしててねぇ

 

4+

1 Comment

  1. くわ えり

    2020年2月25日 at 07:04

    楽しむって本当にすごいことですねー✨

    0

Leave a Reply

wp-puzzle.com logo