腫れ物上等✨

腫れ物上等✨

2021年7月29日

実はね、

知ってる人は、知ってると思うんだけど。笑

 

私、腫れ物だったんです。笑

 

腫れ物ってのは、すぐキレる!すぐ怒る!笑

辞書で調べてみると

『機嫌を損じないように気遣い、

恐る恐る接するさま。

「まるで腫れ物に触るような扱い」』

私と関わる周りの人たち大変だよね〜😅

 

今でも、すぐキレるタイプには

変わりないんだけど😅

 

そんなキレる私の様を先生がね、

格闘技のムエタイに例えるくらい😅

(ときどき、マジでムエタイやってると

思ってる人がいるんだけど、

実際にはやってません。笑)

 

そんな意味での腫れ物!

 

けど、先生とのスキンシップの練習を通して

心地が落ち着いてくると

本当に腫れ物だった自分を笑えるまでになった。

 

そんなとき、先生が私の腫れ物について

話してくれて

 

それで

私の中の『腫れ物』のイメージが

ガラリと変わったんだよね

 

怒りのイメージが変わったの

 

ぜひぜひ読んでください❤️

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

「『殴んな!』って、

あのとき言えたらよかったね〜。」

 

これ、4年前の

鹿児島『自愛』講演会の

打ち合わせのときに、

先生から言われた言葉。

 

あのときは、真っ直ぐ聴こえなかった。

 

この言葉の前後も、あまり覚えてなくて

ただ、不思議なんだけど、

 

「『殴んな!』って、

あのとき言えたらよかったね〜。」

 

って言葉は、4年経った今もハッキリ覚えてる。

 

4年前に言われたときは、

そうは言ったって、あの状況じゃ無理でしょ!

って、反発心もあった。

 

私は、父がキライで

多分、小学校高学年か中学生になった頃から

その気持ちは強くなったと思う。

何が、そんなにキライなのか

不機嫌な父。

威圧感のある父。

叩く父。

偉そうな父。

勉強、進路、門限、就職。

もうとにかくうるさくてたまらない。

怒ると止まらない、ずるずると長い、

怒鳴りまくるし、叩くし。

マジでイヤだった。

 

私は、19歳まで父に叩かれたんだけど

躾?だったり、成績だったり、

あとは、父の機嫌が悪いときは、

何かにこぎつけて怒ってぶたれたり。

 

だから、4年前に先生から

その言葉を聞いたときは内心、そんな父に

『殴んな!』

って言ったら、倍ぶたれるしって思ってた。

 

だけど、最近、

 

「『殴んな!』って、

あのとき言えたらよかったね〜。」

 

って言葉に

 

『ハイ(本当に〜)笑』

 

って、笑いながら答える私がいる!!

 

(分からなくてもスキンシップしなさい)

の記事にも書いたとおり

 

スキンシップ記事 1

https://happylifevision.co.jp/shinbun/?pjt_kyusyu=%E5%88%86%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%8F%E3%81%A6%E3%82%82%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%95%E3%81%84

 

スキンシップ記事 2

https://happylifevision.co.jp/shinbun/?pjt_kyusyu=%E5%88%86%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%8F%E3%81%A6%E3%82%82%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%95%E3%81%84%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%9C%E3%81%A4%E3%81%A5

 

19歳のとき、

父に自分の本音でぶつかった。

そのとき初めて私をぶつ手が止まった!

 

父に本音でぶつかった日

それが最後にぶたれた日

 

それは

 

私が私を守った日!

私が私のために奮い立った日!

 

先生と出逢って

スキンシップから心地を感じるようになって、

私自身のイメージも

過去のイメージも捉え方も

全部変わってきてる!

 

しかも!!

あんなにキライだ!!って思ってた父。

許せないとか思ってた父。

そんな父の見方も変わった。

 

父は

私を奮い立たせてくれた人になった。

 

だから、許すとか許さないとかもなく

好きとかキライとかもなく

父との記憶が

重い過去でもなく

父に対する気持ちが今は

 

ただただ 軽い。

 

心が軽い。 

 

そして、

暗かった過去の私に対して

 

あのとき囚われてたなぁ〜って

自分で自分を苦しめてたなぁ〜って

 

笑ってる自分がいる!!

 

囚われてる私を直すとか正すとか

そんなんじゃなくて

スキンシップから

心地を感じるようになってから、

本当にナチュラルにいろんなことが

黒から白へ変わっていってる。

 

先生と出逢うまで

ずーっとイライラ、カリカリしてた私。

自分でも何でこんなに怒ってんのか

分からなかった

 

被害者は、家族😅

 

『腫れ物のかよちゃん』って

繰り返し先生に言われるたび、

だんだん腫れ物な私が聴こえてきた

 

これまで父のこと、ずーっと責めてきた私。

 

この環境で記事を書いてるうちに

父とそっくりな腫れ物の自分に気づく

 

それが分かると

 

よく父のこと責めたな って。笑

恥ずかしくなった

もぅこれはコントだな って。笑

 

で、ある日先生に

『私、父のこと言えないくらい

腫れ物でしたよね〜(//∇//;)

 

って言ったら先生も沙織も爆笑。

 

ついでに私も爆笑。

 

爆笑してる私を見て沙織が

『よかった〜笑』

って笑ってる。

 

笑いがなんだかあったかい。

 

そしたら先生が

『でもさ、

その腫れ物だったって言うのが

反省とか暗いものじゃなく、

今、笑いながら言うさ。 

 

笑えるから抜けてるわけよ。

 

抜けてなかったら

いや、ちょっと笑えないですってなるんだけど

 

笑えるってことは、

もう腫れ物じゃないってことだわけさ。

 

だから、答えを教えようね。

笑えなかったら教えんよ。

 

腫れ物だったってことはだよ。

絶対自分を裏切るってことを、

腹立つってことだよ。

 

だから絶対自分を裏切りたくないってことが

隠れてるんだよ。

だから、

 

めっちゃ信念があるから腫れてたわけ。

 

それが無かったらいい加減なんだから、

適当に生きたって腹は立たんわけよ。

 

だから誠実で愛を生きたいって

心から願ってるから、

こんなんじゃない、あんなんじゃない、

こんなはずじゃないけどなって

腹が立つわけ。

 

だから誠実じゃないと、

こんな腫れ物にはなんない。

 

だから愛の持ち主って分からないと、

自分の使い方誤ると腹立つよってこと。

 

だから腫れ物でヨカッタねって話になる。』

 

えーーっ!!

 

なんか腫れ物だった私のイメージが

どんどん変わる〜っ!!

 

先生

『だから正々堂々と腫れてたわけ。』

 

その言葉にグッと来た!

それがイイ!!!!!!✨✨

 

先生

『いいでしょ〜!

ちゃんと学べばね、

ちゃんと収まるようになってるの。

 

だから腫れ物で何が悪い!

そりゃ腫れてて当然だよ!

腫れてた自分に誇り持とうと思うよ。

 

あっちにおべっかい、

こっちにおべっかいって

いい子してるよりは、

ずっと、腫れ物で上等!

って思ってるぐらいがいいよ!』

 

本当にそうだなぁ〜〜

 

なんかめっちゃ嬉しくて

私のことが誇らしくてたまらなくなった!

 

腫れ物上等っ!!

 

『だって僕でも言われたよ。

 

「なんであんたは

いちいち親や先生に対して反抗的なの?」

って言われたよ。

 

「素直だからです。」

って答えると

 

「素直なら聞きなさい!」

って言うから

 

「聞くのは順応。

素直、僕は自分に対して正直。

これを素直と呼んでるけど、

お母さんは従うことが素直と呼んでる。

 

僕は従わないよ。」って

 

これは、もうお母さんと100回は話してる。

 

って言われたら

拗ねてるって大事じゃ〜ん

って思うでしょ。』

 

思うーーーっ!✨✨ 

 

自分に対して正直に生きるって

こんなにも清々しいことなんだ!!

って思った!

 

どんな感情にも本音が隠されてる!

って本当にそうなんだ!

 

本当に全部、愛なんだ!って思った!

 

私、先生と出逢ってから

どんどん心地が変わってる。

私が変わっていく。

 

どんどん自分のこと好きになる!!

それが嬉しくてたまらないっっ!!💓

 

自分を大切にすること!

 

自分に責任を持つこと!

 

自分に正直に生きること!!

 

って、本当に本当に大事なんだって

先生に、そして、この環境に教えてもらった。

 

そして、先生と沙織はいつもこうして

私の成長を見守ってくれてるんだなぁと思った。

 

その愛に、胸が熱くなる。

 

私、もっともっと自分に

真っ直ぐに生きていこう!!

そう思った。

 

 

PAGE TOP