2018/9/25 1010HAPPY藤沢Aグループ①魂に響いたお話②感想

2018/9/25 1010HAPPY藤沢Aグループ①魂に響いたお話②感想
2018年9月26日

 

Aグループ

第3クール最初の月はやんちゃツアーの感想でスタート!!
行った人も行かなかった人もこの日を楽しみにしてたよね~?
ヤングがいるこの空間✨
もう大興奮?鼻血ブー状態だったよね~
来年はほんとこの教室全員で行こうね~?
では、Aグループの感想始まるよ~

Aグループ 投稿係 横須賀 愛

1.内山 佑貴子


他人事にしない
子供と同じ目線に
幸せを感じる


今日は初めてのグループ。
初めてお話しできた人もいて嬉しかった。

みんなのやんちゃの感想を聴いて、まだ知らない自分、ありのままの自分を知りたいと強く想った。
そしていろんな事を気づかずに気にもせずに過ごしているのだろうと改めて想った。
楽しいことばかりではなく、苦しい事や目を背けてきた事など、子どもが教えてくれるひとつひとつが必要な事。
それを経験して成長したい。

ヤングのみんながすごかった。
想像以上のみんな。
想い愛情がたくさん。
こんな想ってくれてるんだ。
子ども達は大丈夫。
お母さんが変わんなくちゃ。
子どもと同じ目線になる。
他人事にしない。
体力のこと。
みんなで幸せを感じたいって言ってくれたこと。
沢山のことを気づかせてくれました。

由貴子さんが顔が変わったねと教えてくれたこと嬉しかった。
自分では気づかない変化。

今日は感動しっぱなしでした。
ありがとうございました。

2.鈴木 真記子


「自分の気持ちを真っ直ぐ見ない、フラフラしてるから子どもの気持ちも無視できる、無下にする」


まず、まずホントに自分自身なんだなぁと思った。

あゆみちゃんの言葉が牧ちゃんの言葉と重なった。
「子どもはママ、ママって諦めずに来てくれてるのに、
私が、わたしがお母さんの膝を諦めたから子どものママ〜を見ずに邪険に扱う!
ぐずったら面倒くさい!
自分が望んだ子なのに。。。」

すっごく自分の中に入ってきた。

今まで1年半ほど通ってきて今までに何度も聞いたことあったけど、
そろそろこんな中途半端に講座を受けて話を右から左にするのはやめたい!と思った。

ヤングメンバ-が口を揃えて、
「子どもは大丈夫!大丈夫じゃないのは。。。」
と言っていた。

そろそろお立ち台に乗るのはやめたい。

そして、まさや君が言った、
「体力=活力」を付けたい。

まず、まずは自分自身の理解力のなさを理解しながら子どもと接し、
まっすぐに自分と向き合う練習をしたいと思った。

3.生田 恵


人たい人
こどもを観て


みんなの感想でうんうんうんうーんってなって
みんなが体験気付きを言葉にしてくれることで
すごくわかりやすくてうなずきまくった~?

ヤングの感想ヤバかった。。
子供たちは大丈夫。
て、もー前から言われてたけど
ここにきて連発で言われて
ほんっともう親だ。私だ。て改めてまたなった。。

子供目線で理解して楽しみたいっっっ

ゆあちゃんの想いを聞いて
ヤングの想い
先生達の想い
スタッフさんみんな
ゆみさん、たきざわさんが続けて繋げてくれた想いなどもうどぉーんっときて
じぃぃぃーんてきて
有難くて。
あとあとやんちゃの時から講座の時も
ヤングがチラッとコミュがたまらなく嬉しくて?
私も子供や友達にそんないたずら的な触れ合いしてるな、みんな笑顔になってたし、こんな気持ちだったのか!?
かまってもらえるのってこんな嬉しいのか?
と、同時に
おーさみしかったのか~!?

みんなありがとうございます?

4.黒川 久美子


「子供、見てねー」
「子供は大丈夫!!!」


やんちゃツアーの皆んなの感想、どれもこれも皆んなの話じゃなくて、自分の話として入ってきた。
そして、ヤング達……。
ゆあちゃんの、叫びのような言葉が刺さる刺さる。
「子ども見てあげてねー」
ずっとずっと見て来たと思ってた。
でも、見ていなかった。
自分勝手なやり方で、子育てしてた。
とても辛そうに生きている23歳の息子。
それを見てるのが嫌で、イライラしてしまう自分。
息子は自分の存在価値を低く低く見てる。
そうさせているのは、私。
もういい加減立場から降りて子供達と向き合わないと!!!!!!!
愛して愛して産んだんだもん!
23年間も、私の膝を諦めないでチャレンジしてくれた息子に感謝しかない。

5.石田彩子


自分に愛着心をもつ


やんちゃツアーの感想の中で「自分に愛着心をもつ」的 な事を話していて、そこから「自分に愛着心」が頭をぐるぐる
ぐるぐる?まわっていて
自分に愛着心も信頼も、まだないな。これからだね。

でも、みんなとのハグは温かくて笑顔にもなれるし心も
落ち着きました。

6.田邊 依充


・子どもとの間に「子どもは分からない」という壁を外して。
同じ目線に立って。
子どもは話せばわかる。

・子どもは大丈夫。
お母さん自身のことだと自覚して。

・自分事をやめて。

・子どもの気持ち、眼差しを無下にしないで。

・みんなのこと、家族だと思ってる。


自分事に関わりっきりで、自分が身勝手に作った壁を挟んで
子どもと接していて、子どもや夫からの眼差しを、めちゃくちゃ
無下にしてきた光景が、思い出された…無自覚にやってる。

やんちゃツアーの最後、みあちゃんとハグをして挨拶したとき、
ユウやナオに優しい眼差しを向けた後で、まっすぐ私の目を見て
「子ども達は大丈夫だよ。えみちゃんっていう自覚だけだね」と
言ってもらった。
けれど、その時はぼんやりして、自覚だけ??と自覚できてなかったな。

この一週間、ずっと、ふとした時に、みあちゃんとのやりとりの場面が
ひょっこり顔を出してきて、リフレインしていて。

今日、みんなの感想を聴いて、ヤング達の話、先生の話を聴いて、
ようやく「ああ、私なんだ」って、つながった。(遅っ!!)

ゆあちゃんに「みんな家族だと思ってる」と言われた時、
ただ、ただ、あったかい気持ちになって。
本当に家族なんだぁ、こんな大きな想いを向けてくれていることに、
改めて感謝しかないって思った。

先生が講座の最後に話してくださった、感謝の循環の話。
そして、私たちに伝えてくださった「ありがとうございます」の言葉と
想いがすごすぎて(美しくて)、真心って、感謝って、こういうこと
なんだぁ!と感じました。

7.横須賀 愛


・目線を同じにする
・思ったことはまっすぐに伝える
・子供は大丈夫
・みんな家族だから
・藤沢ヤングを作りたい


今日は会場の外でゆあちゃんたちに遭遇
藤沢の地でヤングに会えるなんてなんか感激?
会場に入ってからも黄色いTシャツがいっぱい✨
それだけでなんか幸せ?

参加者の感想を聞いて涙?
ヤングの感想・由亜ちゃんの熱い想いを聞いて涙?
やまとがさおりちゃんの膝の上に抱かれ、もたれながらうっすら涙を浮かべている姿を見て涙?
亜紀ちゃんの娘ちゃんが「ヤングにスカウトされたー」と泣きながら亜紀ちゃんに報告する姿を見て涙?

もうとにかく温かくなって涙が止まらなかった?????
この環境すげーっ
すっごくいい!!感動した!!
自分がここにいられる幸せ!!感謝!!
この心地忘れたくない

8.武田 美由紀


ヤングの話!
みんなが口を揃えて言っていた子どもたち可愛いっ言葉。
お母さんのお立ち台に乗っている以上この可愛い♡を条件ナシで感じることはできないと思った。
ツアー終わってからの日常の生活でこそ10歳に戻って子どもたちの感じる世界、眼差し、をもっと観たいと思いました‼︎

ゆあちゃんの話、涙がでて、心の深いところにやられたー!最高‼︎


やんちゃツアーから帰ってきて、さらに今日ヤングの感想を聞いてホントにやんちゃツアーすごかった〜とジワジワきてます。

ゆあちゃんが話してくれたこと、一つ一つが大切で絶対これ大事にしていく!と思った。

もう家族なんだよね!
この家族って今までピンとこなかったけど、今回沖縄に行って、ゆあちゃんの話聞いて、もう金城家の家族なんだ!もう大丈夫だ!自信をもっていこう!と決めました。

藤沢という大家族がいつもあることが私の自信になっているんだ、と実感しました!

9.城田 千春


ゆあちゃんの話
感じる世界は幸せが止まらない、その世界をみんなにも知ってほしい。


やんちゃツアーの感想、指名してくれて嬉しかったです。

去年はやんちゃツアーに行った人全員喋っていたので、そのつもりで、かなり準備していきました。

そうじゃないと言葉がでないし、感じたことを全部伝えたくて。

しゃべらせてくれてありがとうございました。

これからは、かっこつけないで、素直に表現します。

やんちゃツアーの感想の中でも喋ったけど、子どもはもう大きいからといっても、やれることはまだまだあるなと思いました。

笑顔でいること。
たわいもない話をすること、聴くこと。
気持ちを話すこと、受けとること。
素直に表現すること。

現役のお母さんの自覚を持って、やっていきます。

ゆあちゃんの熱い言葉がぐっときました。

感じる世界は幸せがとまらない。
その世界をみんなにも知ってほしい。

心に響きました。

ゆあちゃん、幸せが止まらない世界にたどりつくからね〜

10.本間 萌


自分のことを理解すれば子供のことがわかる


今日もやばかった。
今自分に起きてることとリンクしすぎていて、めちゃくちゃリアルだった。
ジョージは相変わらずママー!ママー!と抱っこを求めてきていたけど、
私が自分を諦めないことを決め、
あかりもジョージも言えばわかる人と切り替え、
『ママもう大丈夫だよ』と一言ジョージに言ったら
『ママ、大丈夫なの?』と言い、私の膝から離れて遊びに行きました。
時々様子を見にきてくれるジョージが、私を愛しているからとわかる。
あかりやジョージを見る目が、変わった。
何かやらかさないかではなく、どんなして私を見てるんだろうって感じるようになった。
講座中の出来事です。
本当に自分次第。
子供は大丈夫。
私はこの子達を育てていく第一義務者として肚を決め、たくさんの人の愛を受け取るとここに宣言します。
感謝してもしきれない。見守ってくれてありがとう