2018/3/27 1010HAPPY藤沢クラス Cグループ①魂に響いたお話②感想

2018/3/27 1010HAPPY藤沢クラス Cグループ①魂に響いたお話②感想
2018年3月30日

Cグループ

メンバーは遠方からの方も多くて、兵庫、京都、岐阜、埼玉、、、

大人しそうに見えて、みんな熱い!!!
のがだんだんと見えてきたよー✨?

人の熱い想いに触れると、心が震えるんだなぁ。

心を開いてたくさん話していきたいー。

筆者:風間

1. 高橋 陽子

①魂に響いたお話
今回もたくさんの響いたお話がありましたが、やはり「わきまえを与えてもらってないと、人間関係で最後投げ出す」が保育士のお嬢さんの例と共に、納得しました。
私も子どもが一次反抗期に我慢ならなくて、感情的に怒った事を覚えてるので、それで良かったんだと思いました。
②感想
子どもの頃の抱っこして欲しいなどの欲求を満たせてないと、大きくなって自己承認に変わり、どんどん違うもので満たされようとする、はわかりやすかったです。
自分が泣いたら、子どもの夜泣きが止んだ、や、手が掛からない子ども程、手を掛けなきゃいけないなど、たくさん子育てで悩んでいるママ達に教えてあげたいと思いました。
自我のドラマは、まだ私もやってる事あるなぁと反省しました。
愛がベースだと傷付かない、自分をもっと愛したいと思います。

2. 桐山 芙久子

①お母さんの笑顔は義務

②先生に「お母さんの笑顔は義務ですよ!」と言われたとき、ハッとしました。

疲れてるときは出来ない、とか言ってる場合じゃない!娘は私の顔を見てるんだ!と思いました。

そして、最近よく娘に「ママ笑って~」と言われ、急いで作り笑いする(笑)私、すごい真顔だったんだろうな~って苦笑いしちゃいます。

笑顔❤️心がけようと思います!

それと、母乳の話。

まだまだ寝るときおっぱい触りたがる娘。

もういつまで触るのよ!と思っていたけど、触りたいときは触らせてあげよう。と思っていたら、今度はお風呂のときに吸いたいって!

いや、もうおっぱい止めてだいぶ経つのに何でだろ?と思ってましたが、先生の話を聞いて、お互いに良いことなんだ~娘は求めていたんだな~私は胸線閉じてるんだな~って思って、今度は吸わせてあげようって思いました❤️

3. 泉原 昭子

①肌に触れることも、においもコミュニケーション

②今回、小堀さんにハグをしていただいて、心がホッとし、優しさに包まれた感じでなんとも言えない心地よさを感じました。

これが先生がおっしゃった’心地’かな?と思いました。

この心地を大切に次のクラスまで過ごします。

ありがとうございました。

4. 外谷 利恵

①魂に響いたお話
ぬくもりという価値観

②感想

ずっと頭でぐるぐる思考してた

生きるテーマだったりこの世の仕組みだったり沢山の本を

読んだりネットで探したり遠くまで人にも会いに行った

でも何かしっかりこない

そう「感じる」事が出来てなかったから

ただ「ぬくもり」「暖かい心地」それだけでなんて内から愛が溢れてくるのだろう

もう思考はいらない「感じる」だけでいいんだと強く思えた

ハグもどんどん気持ちよくなってきてる

今を感じて生きていこう!!!

この世界で同じこの時に皆と出逢えた事に感謝して

5. 林 健太郎

①魂に響いた言葉
生きやすさはコミュニケーション能力
魂胆があると失敗する

 

恋は自然に起こってしまうこと。

それを超えるのは愛の力。

②感想
前回の講座から1か月間、積極的にコミュニティにコメントしたりLINEしたりで、とても皆さんと逢いたい気持ちが高まってきて、
いざ会場についた時はハグをしたい気持ちで溢れていました。

本当に気にかけてくれる仲間を感じれて、心からありがとうの気持ちでいっぱいになりました。

今回の講座を聴いた後は、頭がボーッとして、こめかみの上の方が痛い感じがしていました。

これは何かのサイン?単なる水分不足?と思いながら。

まだまだ考えてしまっていることが多いんですよね。

感じること。

もっともっと感じたいです。

6. 林 紗代子

①魂に響いた一言

恋の種で結ばれた後は、愛を育てていく

②感想
講座後、感動の放心状態で、なかなか言葉にならないのですが、みんなにしてもらったハグのあったかさ、金城先生の優しい眼差し、あったかい笑い、小堀さんの図星の言葉で泣けてきたこと、そういうことが心に深く染みました。
あせらずに、ぬくもりを感じることを積み重ねていこうと思います。
そして前日の食事会!ただただみんなと楽しくて、時間があっという間に過ぎててびっくりでした。
そしてそして、講座までの1か月のLINEでのやりとりが本当にありがたいです。
一月一月、関わりの中で変わっていくような自分がおもしろいです。

7.秦野尚美

① 自分の心地が変わると周りはすぐに変わる
お母さんの笑顔は義務

② 今回も先生方や皆さんとたくさんハグをしてたくさん笑って涙しながらのあっという間の時間でした。

終わったあと、自分がとてもリラックスしているのを感じました?

最近またつい自分にも子どもたちにも厳しくなってるな、ジャッジしていてツライなーと感じながらの参加でしたが、苦しいのは知らないから、実力がないからなんだとわかって逆に少し楽になり、一緒に育っていこうと決めました。

「お母さんの笑顔は義務」をしっかり心に留めて、これからまた子どもたちとたくさんハグをして過ごしたいと思います。

胸腺を開いていけますように✨

心のエンジン動かして愛をいっぱい感じて生きる❣️

8. 細谷 美乃里

①魂に響いた言葉
『心地の中に幸せはある』

②感想
いつも当たり前だって思ってたことが、当たり前なのこれ?って思うようになってて、自分が 作業でやってる時と ルンルンやってる時と明らかに違う って感じてました。とにかく、たのしい❤ほんとそれだけで動いてる。

講座の中で、先生が いちごと対話しながら、イチゴをいただく話。

先生とっても可愛いなぁ~お茶目だなぁ~✨ってきいていたけど、途中から 私もこんな感じながらイチゴやご飯食べたいなぁ❣

ザワザワしてる自分も見つけてて、何でこんなザワザワ?ってなってました。

みんなと何話していいのかわからなくてザワザワ(笑)いいなぁ!って言わなくてザワザワ(笑)

たのしいってルンルンだけしかないんだけど、私この先もずーっとこれでいいの?って勝手にザワザワ(笑)

些細なことを話さないザワザワは、まさに 小堀さんのお話にあった、『(子供たちと)些細な会話をしない。』自分にでした。

どう話していいのか?って考えてることを自覚しました(笑)

些細な会話❤些細な気持ちもっともっと、もーっと自分から伝えよう❤

みんなと 本音で話たい✨
みんなと触れ合いたい✨

なんと表現したらいいのかわからないんですが、終わりに先生とバイバーイって手が触れ合った直後に どんどん自分の中が熱くなって、涙しました。

凄くすごくあたたかくて、ずっと触れてもらってるような。

この温もりと心地を自分が持ってるなぁ?って、凄く自分が落ち着いたのを感じています。

3月セミナーもありがとうございました?

9.栗田 慧

①魂に響いた言葉
共感は共に歩もうとする姿勢

②感想
どのお話も、いててー?わたしですね…?
て感じでした。

たくさん響いた言葉があったのですが、もうあまり思い出せなくて、同情と共感のちがい、共感は共に歩もうとする姿勢という言葉が残っています。

共感て、すごいぼんやりしていて、同調するような、「わかるよ〜」って言うことなのかなと思ってました。

共に歩もうとする姿勢って…なんか優しいなと思いました。

共に歩むって知らない私なんだなって思いました。

相手の思いを大事にして、共に歩むこと、かんじていきたいと思いました。

10. 藤田 直見

①魂に響いた言葉
心はエンジン、育たない
心にアクセスする

②感想
先月に引き続き
自分の本音を相手に伝えてないなぁって
私の生理的欲求を伝える
とにかく伝えることが大切だなぁって。
そこからどうなるかはその時にならなきゃ誰もわからないよね
今の自分で今の思いを自分が大事にしたい
それだけだなぁって。
もっと自分の心とアクセスしたい‼️
計り知れない世界を私も感じたいです。

11. 松田 亜美

①魂に響いた言葉
幸せは心地の中にある

②感想
藤沢のセミナー会場へ向かうとき、
駅からの足取りが軽くてみんなに会えるのが楽しみで、会場着いたら右見ても左見ても大好きな人たちばかり!
関わった分だけ好きになり愛着心が大きくなっていて、みんなが大好きでハグが嬉しくて幸せでした。

帰るときはいつもルンルンで、ニヤニヤしてて、夕陽に向かって「大好きだー‼️」って叫びたくなります(笑)

先月からの1ヶ月の中で、
自分が本音を言おうと思いながらも、
これは言わない方がいいかなとか、
出来るできないとかタイミングとか頭で考えて、すぐに言わないことがあったなぁと思っていて、改めて本音を言うことを決めたところで、今月の生理的欲求のお話でした。

頭の中のドラマはもう笑い飛ばして、
とにかく感じて、小さな生理的欲求を見直していくところからだなぁって思いました。

ハグももっと自分を相手を感じたいし、先生の感じる深さで感じたい。

心のエンジン全開で生きたい!って思います。

12.松本同弘

①魂に響いた言葉
心を育てる

②感想
「情(なさけ)」をかけること自体が かけた相手に対して失礼となること
その行為は “その人に力が無い” ということを無意識にやっているということ、
とても怖いことをやっていると思いました
それは自身の生業でもある「健康」でも同じなんだと思いました
人のカラダを診ることで、その人の不調を自我によって解決してしまおうという慢心の氣持ちで接することは 本当に失礼なことだと納得しました
その人が自分自身で超えられる可能性をついばむ行為をやってしまうということになる
そのような大切なことが先生の話を聴きながら視えました
こういうことも不感症ゆえに出来ることです
先生が講座中にお話くださった「イチゴとの会話」のように
イチゴの命と会話できるほどの感性と共感力を育てていれば
自然と自分自身、自分以外の他者に対して自ずと「命の信頼」が芽生えるのだということも同時に知れました
「心」というエンジンが起動するように まずは本音・本心を伝えられる自分自身を育てること、
そのために生理的欲求を大切にすることを 来月のセミナーウィークまでに続けていきます
ありがとうございました!!

13.長野方子

①魂に響いた言葉
自分を育てないで、上手くいくわけがない
受け取り方で良くも悪くもなる
ささやかな価値を育てていくことが大事

②感想
あの人はあーだから嫌い、こーだから付き合いづらいとか思っていたけど、自分の受け取り方次第でどんな風にでもなる。

自分に適応能力があれば、好き嫌いでは判断することなく付き合うことが出来るということに気付かされた今回の1010でした。

まずは自分に矢印を向けて、成長していくことが大切なんだなー、と思いました。

あと、1010後のシェア会で、涙を流しながら自分の想いを話す千花ちゃんの姿がすごく印象に残っています。

素直に話せる千花ちゃんがすごく素敵でいいな〜〜と思いました。

14.風間千花

①魂に響いた言葉
人は傷ついたら美しくなる

心は育てない、起動させる

②感想
タイムリーにいろいろ起きて、小堀さんのお話がとにかく沁みました。でも、何が沁みたか覚えてない(笑)
あ、心を育てるということは、ほっとすることを重ねていくこと、
というようなことを最後におっしゃっていたなぁ。
心は育てるのではなく、起動させるもの。
スイッチが入ってないだけ。
スイッチは、スキンシップ&アイコンタクトで。
なんてシンプル!
いっぱい感じたい
自分のことを