読者登録

2019年10月1010Happyクラス感想 Aグループ

投稿日:

Aグループです。

『絆のスリーステップ

今月も講座の後はそれぞれに大きなため息でした。
ここでしか聴けない貴重なお話。
この場に立ち会えている自分。
ここで感じたものをその場限りにしないで、大切に自分のものにしていきたいと思います。

編集:風間千花

羽田裕美

 

 

 

 

 

 

絆の3ステップ
わたしの子育ての目的は楽しむことより、
躾だった。

できないことが多い娘に不満で不機嫌だった。
そんなわたしと愛情の絆を繋ぐために
娘はうつ病になったのかー
と思うと全てがありがたい。

この環境のお蔭で
娘の通院、投薬も辞めて順調に回復してきたけど
最近娘は悪口を言われていると思いこみ、不安定なことを1010の後にまいちゃん達に相談すると
娘が人を信頼してないって言うより
裕美ちゃんが人を信頼してない、自分を信頼してない
自分の希望を叶えて幸せになって…と教えてくれて涙が出た。

千晶ちゃんに自分の希望を書くといいよ。
と教わり、初め3つしか書けなかった希望が徐々に増えた。
やっぱり自愛なんだ。
最近自分の言いたいことを言うことを意識して希望を叶えること、本当に叶えたいことは一つも叶えてないことに気づいた。

孤立隊員のわたし笑
一人で悩んで、結果間違いだらけだった。
やっぱり心を開いて助けてもらうと、自分では思ってもみなかったことを教えてもらえて本当にありがたい。

もう、本当に自分の希望を叶えて自分を信頼できるようになろうって思うとワクワクして楽しみです🎵

 

長谷川文恵

晴彦の音楽会の発表と重なり遅刻したけど、途中からでも参加できて幸せ♪
去年の私なら音楽会かセミナーどちらかはあきらめていたと思う。
今月も沢山笑って楽しかった♪

先生の「言い訳が通ると思ってるのはあさはかな自分」「緊張やプレッシャーは過剰な自分に対する期待」
「物事が上手くいくかいかないか結果を気にして目的自体がしょぼい」「ネガティブは困り事が多い」という言葉に
爆笑しつつも、自分の事だと耳が痛かった。

いいもの、楽しいもの、素敵なものに気持ちや意識を向けて過ごしてみようと思います。

人生を80年として20年ずつ区切って図としてあらわしてくれて、図の半分を自分は過ぎてるのを見て「自分ヤバっ」と思った。
すぐあきらめる癖がつき何もしないままボーっと生きてきちゃって(笑)、危機感を持った方がいいと先生が𠮟って?(笑)くれて、これからプレイヤーになるために体力つけたい・健康でいたいと思いました。
事あるごとに理由をつけてはサボってたジムを11月は頑張って通おう♪

晴彦は来年から中学生。そう遠くはない時期に反抗期がやってくる。その時が来たときに「反抗期キター!!♪」って
内心喜びながら「声が小さい!!」って言い返せる度胸があるお母さんになりたい。
親としてダメなものはダメと貫ける。いざという時に厳しくできるお母さんでありたい。
そのためにはまず可哀そうな私(被害者意識)から足を洗う事から取り組んでいこうと思ったセミナーでした。

 

 

進地早苗

絆の3ステップの話、
「丹田の絆」の話がヒット。

主人が7月から単身赴任となり
東京で娘と私だけの生活がスタートして
わたしなりに腹をくくることがたくさんあった。

家事をやること
子育てをすること
仕事をすること

一緒にいた時は
いつも甘えがあって
このくらいはやってよね 怒
わたしばっかり大変 怒

被害者意識がたくさんあった。

でも居なくなることが決まって
わたしがしっかりしなければと覚悟が決まって

家事をやることも
子育てをすることも
仕事をすることも

日常の全てにおいて
主体が入った。

今までは甘えにかまけて
主体がなかったって気づいた。

わたしが「やる」と意識が変わった。

そうすると
日々が忙しくて
うじうじ悩んでいる暇がなくて

とにかく日々を毎日過ごすことで精一杯で
あっという間に時間が過ぎていく。

とても充実している。

居たら当たり前になっていた主人の存在が
居なくなったことで
ただただ居てくれただけでどれだけ有難かったかとか
居てもらわないと困るって
心底思った。

有ることが当たり前で、感謝を失っていたことに
深く気づいた。

娘との関係性も
体当たりすることが増えた。

ダメなものはダメと言うのは
主人の役割にしていたけれど
主人が居ない今はわたしがそれをやるしかない。

腹をくくって
ダメなものはダメと言うことも
少しづつ慣れてきた。

娘からしたら「はぁ?」と思うこともあるようだけど
でもわたしは不器用ながらもわたしの思いを
伝える努力をしている。

 

「奮い立つと可哀そうな自分が消える」も
ヒットした。

奮い立ってないから
まだ余力があるから
被害者になることが出来るんだと思った。
わたしがそうだったから。

余力があるから
うじうじ悩むこともできる。

奮い立っていたら
瞬間瞬間にスイッチが入っているから
被害者になる暇もない。

そうは言ってもまだ被害者あるけどね笑

ただ、
何となく腹をくくること
奮い立つことの感覚が掴めてきた感じがする。

そうすると
周りとのギャップも出てくるんだけど笑

被害者の会から足を洗うことになるから
浮いちゃうんだけどね笑

でもそれでもいいやって。
わたしはわたしを幸せにしたいから。

 

「主」

わたしに軸を戻す。
わたしの主をどこへもやらない。

 

「自尊心のズレが偏り」っていうのもヒット。

わたしは何分に傾いているだろうか?笑
何分に傾いていても
ズレはズレ。

正しい位置に戻りたい。

 

覚悟するって
主体をもつって
凛としてて清々しい。

もちろんリバウンド有り有りだけどね笑

 

心地よい感覚を掴みたい。
それを定着させて当たり前になりたい。

 

 

伏見紀子

 

これまでの自分の総さらえ。全部自分だった。

好かれたい、愛されたい
お母さんで叶わなかったから、人を変えてまで
求めて続けてきた。
そこまで求める気持ちが、自分の中にあるんだ。
好かれるため、愛されるため、人のために、と
ずっと良い人やって、提供行為してた。
主が人の主と同調して自分の主は消える。
そりゃあ自分が行方不明になるよー。

それもこれも
自分が奮い立っていなかったから。
自分が奮い立ってないから、人も自分で奮い立てると思えない。
助けてあげないといけない人がいる、と思うのは
自分が助けてもらいたい可哀想な被害者だから。
あなたは自分で立ち上がる力がないんだよね、って
上から目線で人を扱って、その人の力を奪ってた。
人を助けてあげている、と思ってた。
良いことをしている、とさえ信じてた。
優しいことが良いことと信じてきたけど、間違いでした。
ここで、それは間違いだと教えてもらえて本当によかった。

今、私は自分で立ち上がれる、と言える。
時間がかかっても、フラフラになっても
自分でゴールできる。
見守ってくれる人がいる
応援してくれる人がいる
ひとりじゃない。
私は大丈夫。

丹田の絆
まず
私が私を信じる。
私が私と絆を結びたい。

 

 

 

 

-

執筆者:


  1. かしりん より:

    早苗ちゃんの感想も、紀ちゃんの感想も、
    ドンピシャ‼︎‼︎‼︎ホントに”私が私との絆を結ぶことが先”で、”主体が入る=奮い立つ”なんだね〜。
    これまでの私の人生、「同調」による主体不在の人生でした😂😂😂降参です‼︎‼︎ってなったもん🤣気づく→変わるチャンス✨の連続の学び、めっちゃ有り難いし、感謝しかない〜🥰❤️

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

関連記事

4月Fグループの感想

来月が待ち遠しいFグループ今月の担当は前田花苗です。 内藤聡子ちゃん  通っているおかげか、少しずつ、気づきが増えてきた感じがあります。 ハグも、ここちよさを少しずつ感じられ、うれしいです。 最近は、 …

3月青山Aグループの感想

セミナーが終わって、次にみんなに会える日がすでに待ち遠しいAグループのリーダーたわこです! みんなに読んでほしいAグループの感想です! 川崎から来ているゆりちゃん 今回、〝こうしないと〟とか〝こうある …

1010happy第2回Bグループ感想

今日は Bグループ! ハグも笑顔も、1回目より柔らかい。 みんなでお弁当を食べていると、1回目より親しみが湧いているのがわかる。 こうやって毎月変わっていくのだろうな。 子供の成長と同じ、今しかないこ …

来月が待ち遠しいFグループ今月の担当は前田花苗です。 内藤聡子ちゃん  通っているおかげか、少しずつ、気づきが増えてきた感じがあります。 ハグも、ここちよさを少しずつ感じられ、うれしいです。 最近は、 …

4月青山Fグループ感想

今月のFグループの感想です。 通っているおかげか、少しずつ、気づきが増えてきた感じがあります。 ハグも、ここちよさを少しずつ感じられ、うれしいです。 最近は、知らないこと、わからないことが多かったのに …