読者登録

ティーチングポイント 親力講師 池原由貴子

子供と共にいること 「一緒」✨〜1010HAPPY Q &Aより〜

投稿日:

 

今日のHOPブログは

Te-FaからピックしたQ &Aから

「子供と共にいる 一緒 」を

お伝えします❣️

 

 

あるお母さんが、産後の仕事復帰を間近に控え、保育園に預ける時期などを

質問をした時の、金城先生の回答した

言葉を載せました!

 

 

これがね〜〜

もう読んでみて‼️

親力プログラムで伝える

3つ子の魂 百まで」に始まり、

「一緒」「共感」

そして、「関心と感心」

これが子供との関わりで

どう起きているのか、

前回の「愛着心」もそうだけど、

もうね〜〜

こんなに、こんなに凄いのか

こんなに、こんなに大切なのかって

先生の言霊を

何度でも読み返してしまうー。

先生が実践してきた、子供たちとの

やり取りも笑っちゃうけど

こうやって楽しさの中に、一つひとつ意識して育ててきたっていう先生の意識、人を育てる核の部分がみれる。

これが親力プログラムなんだな❗️

やっぱり凄い

私が、お母さんが、

当たり前にしてたこと、

意味や目的、意識したら

凄いことなんだぁ〜❗️って。

本当にお母さん次第❗️

それを実感する内容。

是非読んで、そして今日から

実践していこう😊

 

子供と共にいる 「一緒」

(金城幸政先生)

 

3つ子の魂百まで」ということわざがあるんですけど、

今、保育園とか児童心理学とかの世界では、これを使うなという指示が出てて、賛否両論でぶつかってるんです。

なぜかと言うと、

「3歳までの人格が

およそ一生を引きずる」っていうのがこのことわざの由来だからなんですね。

 

 

けれども、3歳までに決めつけていいのか。だから、積極的に使わないっていう流れがあるんですが、それは、この言葉の重さを知らない人の議論なんですよ。

 

 

実際に3歳までにかなり人格の基礎は決定します。

そういう意味で言うと、

3つ子の魂百まで」というのはものすごく影響力があります。

 

 

特に胎教から3歳までの間は、お母さんといた方が、いないよりはずっといいです。

 

ただ、皆さんが「三つ子の魂百まで」の意味がわからないので、

漠然とするんですよ。

漠然と「どうしようかな~」と

思うのと、「やっぱりそうよね!」

「あ、そうなんだ!」と思うのと、

言葉の重みは違いますよね。

 

言葉の意味がわかれば、絶対、いい加減に扱わないと思います。

人間の脳というのは、4歳までに基礎体系がほぼ出来上がるので、それまでに人格の基礎がつくられる。

だからその時期に経験したこと、4歳くらいまでにお母さんとともにやったことが、その人の人格パターンになるから、「三つ子の魂百まで」っていう言葉があるんです。

 

その意味では、

子供と共にいることは基本的に大事。

これを、お母さんがわかること。

 

問題はですね、ほとんどのお母さんが赤ちゃんと朝から晩まで

「一緒にいて共にいない」んです。

 

 

お母さんが考えてるのは、オムツ替えること、ミルクあげること、世話をすること、洗濯機回すこと。

1時半からは昼のドラマがある(笑)。

 

 

もろもろあってですよ、一緒にいる時間、赤ちゃんを見つめてるのか。

保育園に入れても入れなくても、見つめていなければ、一緒にいても不満は募っても豊かさは募りません。

 

でも、保育園に預けても、一緒にいる時間、気持ちの交流とか感情の交流が豊かに行われているのであれば、一日わずか2~3時間でもすごくお互いの情緒はつながります。

 

要は、「一緒にいる」という意味です。

まずこれが一つ。

 

問題なのは、共通する

「カンシン」です。

 

普通、一般社会で使われてるのは

「関心」だと思うんですよ。

何に興味を持つのかって言う意味の

「関心」。

親力プログラムで使われる

「感心」という言葉は

「感じる心」です。

 

 

ニワトリが先か卵が先かって考えてみてくださいね。

「何々に関心があります。だけど感じる心はありません」だったらどうしますか? 

「いや、感じる心は豊かなんですけど、関心ごとがありません」。

 

こういうのがチグハグな状態になってるのが、人間なんですよ。

 

赤ちゃんのオムツを変えることに関心があり、「あ、オムツだな!」って感じてますか? 

お母さんは自分の「作業」としてオムツを替える?それは違う。

赤ちゃんが「気持ち悪いな~」というのを「感じる」まで待って替えるんです。

わかりますか? 

 

 

作業として替えるのは、通りすがりのおじさんでもできるんですよ(笑)。

 

「あいーっ、赤ちゃん泣いてるねぇ、何で泣いてるのかねぇ、オムツじゃないかねぇ、ああそうだったね♪」って出来るんですよ。

 

けれども、お母さんがオムツ一つを通して、「感じる心」を育てたいと思って、「関心」を持ってオムツをみているならば、オムツを通して「感じる心」

を育てられるんです。

 

 

ところが、感じることに対して親に関心がなければ、赤ちゃんにこれを与えられないんですよ。単なる作業の中で子供と関わるというんであれば、産んでなくても出来るんですよ。

 

 

基本は愛情があって、

感じる心がビンビンに立ってて、

関心とつながって人の感性は動いていきます。

 

 

「共にいる」「一緒にいる」と言っても、「一緒にいて何してんの?」って言われて、「ああ…」ではね…(笑)

 

20年後に「ああ…」って言った日には、子供は誰だかわからない人間に育ってますよ。(笑)

 

 

何を大切にしてほしいか、

何を生きる活力として

もってもらいたいか、

一人の人間を育てようとしてるときに、どういう「感心」

どういう「共に」

どういう「一緒に」なのかということが大事です。

 

 

この事をわかったうえで、仕事に復帰するかどうかです。

仕事に復帰して、お母さんばっかり見つめてる子供ではなくて、

子供もまたいろんなものに自分で邁進していけるように、親がほどほどに距離を開けていってあげることも大切。

 

お母さん自身が、子離れできない親、もしくは、自分のお母さんから自立できない娘のままで、お母さんになってると、子供には全部バレますので。

だから子供は親から離れないんです。「お母さんが心配でしょうがない」笑

 

 

保育園に子供預ける時に、ついつい子供がむずかったり寂しがったりしてなかなか預けにくいお母さんは実験してみてください。

お母さんがふんでー(甘えた態度)やめたら、子供はさっさと保育園に行きます。

 

お母さんが寂しいだろうなと思ってるからそれを表現するんであって、

「お母さんも仕事、楽しんでくるね!

頑張ってくるね!

家庭を豊かにするために働きにいってくるね!」ってワクワク職場に向かうと、

子供も「じゃあ私も保育園で一日遊んで来るね」って言って保育園に元気にでかけていきます。

 

お母さんが「預けるのはいいんだろうか」「また会社で上司に怒られないかな、でも生きるためには働かないといけないさぁね」とか、

苦しみながら生きてると(笑)

子供は保育園に行くのが

苦しくなります。

 

 

お母さんがシフトすれば、子どもは「いってらっしゃい!バイバイ♪」みたいなね。

お母さんの方が、

「もうちょっと別れ際は未練持ってよ」みたいな(笑)

こういうことなんかも

本当はお母さんの投影が多いんですね。

 

 

そういう意味でいっても、

「一緒」にいる意味も、

保育園に預ける意味も、

おむつ替え一つでも、

一つ一つ「意味」や「価値」を与えて

育てることは可能です。

 

 

僕は4人子供がいて、皆大人になってますけども、4人とも、1歳の誕生日にオムツがとれました。

1歳の誕生日に、

「このオムツは赤ちゃんがするもの。

このトレーニングパンツはおにいちゃん、おねえちゃんがやるもの。

これ(普通のパンツ)はもっとおにいちゃん、おねえちゃんがつけるもの」と子供に伝えたんですよ。

すると、自分でオムツを外して、

「もういい。1歳だから」って(笑)

自分の意志で、もう赤ちゃんじゃないからって言うんです。

どうですか? 

 

子供自身の人格の尊重をもって成長する。

こんなのが本来の「躾の形」であるべきです。

親が一方的にこれしなさい、あれしなさいといって覚えさせるのではなくて。そうじゃないと自分の力になっていかない。

そういうことも含めて、仕事復帰しても、仕事してる時は子供のことを一切思い出さないくらい仕事に集中すること。

 

 

夕方保育園に迎えに行く時も、

「家に帰ったら夕飯作って、洗濯機回して、あれこれしないといけない、はい、さっさと帰るよ」って迎え方するのと、

遠距離恋愛の彼に逢うみたいに、

「ただいま~♪仕事終わってきたよ~」って感覚で迎えにいくのでは子供のテンションも全然違います。

やっぱり、毎日恋人を迎えにいくような形で迎えてほしいなと思いますよ。

生きる力を育てる

親力プログラム・1010HAPPYクラス

お申し込みはこちら

 

親力プログラムの全てがわかる❗️

親力プログラム・永久保存版DVD

-ティーチングポイント, 親力講師 池原由貴子

執筆者:


  1. 瀬尾有紀子 より:

    まさに今、長男が幼稚園に
    母ちゃんと離れないから行かない!!
    と毎日言うてます(^_^)
    たまに私がハッキリ決めてるやりたいことがある時は、何もむずかりません〜🤣
    私なんだなぁと思ってたけど
    私が作業作業で感心も向けてなくて、私も息子と離れたくない気持ちを見なかったり自分も甘えたになってるから息子が見せてくれていたんですね〜❤️❤️❤️
    ゆきこ先生タイムリーにありがとうございます😊

  2. 山本茜 より:

    保育園に預ける時、毎日ぐずってた長女。初めて自分が寂しいと感じた時「じゃっ🤚」と、今まで見た事無いあっさりとした子供の態度を思い出しました!🤣
    もっとなんかないの⁉️と突っ込んだ本当にww
    子供は理解力ある〜✨

    見つめ合う時間、大事にします❣️

  3. 葛城真弓 より:

    いや〜…
    感じないで子育てしてきたなー💦

    1週間くらい前からか、保育園で離れる時、いつぶりだろーってくらい本当久々にグズりだした。
    小さい頃のそれとは明らかに違う。
    保育園が楽しくてしょうがないのに、ぐずる…

    ああ〜、私だったか〜😑
    ってか、私だよね〜😑

    絶賛ざわつき中の私。
    気持ち、感じてみよー!!

  4. 泉 広美 より:

    私も 3人の子供達が いますが 今では 3人とも20歳になってます!

    3人が 保育園に行っていた時は!
    長女は5才に保育園に 入り!それまでは 配達の仕事で 一緒に 仕事していました! 
    保育園に入ってからは 毎日 朝は泣き迎える時は 玄関先で 泣いて 私を待っていたりが 続いて!迎えるたびに 寂しい思いをさせていたなぁーって 私も泣きながら迎えていました💦

    長男も2才から 保育園に 入り 1ヶ月は 毎日 朝泣いていた!
    それからは 友達見つけて バイバイと楽しく過ごしていたり!迎える時は 走って私に抱っこしてってきたりで、ちょ〜可愛くて💕

    次男は1才半で 長男と同じ保育園に入り 1度も泣くこと無く 5才まで 楽しく 行っていた時は 私が 寂しくて😅
    それが ある日突然 1ヶ月毎日 朝 泣いて 行きたく無いって 私にしがみついて 離れないのを 無理やり 先生が 離して 私も 泣きながら 出勤する日が 続いた💦💦

    それは 子供が 保育園に行きたく無いから 泣いていたと 思っていたし!
    子供から 離れるのが 寂しいけど 仕事行かないといけないし!遅刻するしって! 思っていました😅
    次男に 何で行きたく無いのって 聞いても 答え無かったのは!
    娘のままの私に 問題があったから 3人とも交互に 教えてくれていたんですね〜😅
    記事を読んで 子供達との関わりを 改めて 思いだしました😅

    子供達は お母さんしか観てないし お母さんの為に いろんな事で 教えていたんだなぁーって! その時 その時を 大切にって いつも先生 言ってだなぁーって😅😅😅

    これからは それを意識して 子供達と改めて 関わっていこうと 思います😊

    ありがとうございます💕💕

  5. キエ より:

    これが分からないからズルズルしてたんだなー!ってちょー分かります‼︎‼︎‼︎
    3人とも良く幼稚園泣いて行ったなー😭
    その度に鬼の形相で逃げてた私😓

    一緒を感じる❣️
    今から、今日からやっていきます!

  6. 美由紀 より:

    オムツ替えひとつで感じる心を育てられるってすごい♡
    毎日の関わりがさらにワクワクになりました!

  7. のん より:

    預ける事の罪悪感を振り払って笑顔で送り出していたけれど、子どもには分かっていたって、今になって一番最初の保育園が一番やだったって最近になって言い出したことでハッキリ分かった。

    今は、小学校が1番最高に楽しい‼️って言って、親力プログラムで私が変わったんだなって思うと、感謝しかない✨

  8. 真記子 より:

    『3つ子の魂百まで』
    大地(一歳)の100年間の人格を今私が創っているのかと思うと、
    背筋が寒くなる感覚を覚えた。

    ただ一緒にいるだけではない。
    『感心を持って共に共感すること』

    こうして教えてもらう一つ一つを
    しっかりと自分の中に根付かせていきたい。

    昨日大地とお散歩をした時、
    『大地に外遊びをさせる
    →大地とデートをする。』
    にシフトしてみた。
    いつもと心地が全く違う。

    ここで先生の言われる事は、
    昨日の私が体感した幸せな時間
    を意味するのかなぁと想った。

    子どもにとっても私にとっても
    幸せな時間を創っていきたい。

    まずはお散歩、オムツ替えから感心、共感を実践したい。

    一歩一歩着実に感心、共感ができる自分になりたいと想いました。

  9. 松田 亜美 より:

    保育園を卒園した今であっても、日々の子どもとの関わりで私自身が子どもの気持ちを感じているかどうか、をもっともっと意識して関わっていこうと思います!
    子どもの心を感じていなければ、一緒にいても共にいないって言葉に、本当に大事なことは何か立ち戻らせてもらいました!

  10. 加島友紀 より:

    一緒にって大事と思ってたけど、意味が違う😂
    一緒にいても感心がなかったら無いのと一緒😂
    何を感じて一緒にいるのかもっともっと自分に意識していきまぁす❣️

  11. 直見 より:

    長女も次女もあっさり
    幼稚園に行ってたなぁ
    楽しそうだったよね。
    一緒にいるって
    一緒の空間にいるになってた
    感心がいなかったぁ
    感じる心で子どもたちと家族とみんなと一緒にいることを堪能したい‼️

  12. れいこ より:

    子育てに一つひとつ意識してやってこなかったなー
    一緒を感じて、毎日を楽しんで過ごしていきます。❣️

  13. あーちゃん より:

    『感心』
    感心持ってなかったー。
    それに気づけてよかったです。
    またここからやっていきます。
    お迎えひとつ心地が違うだけで全く違う出来事になるんですね!
    私のこれまでは作業でした。
    大切な気づきをありがとーございます。

  14. 優華子 より:

    一緒に居て一緒にいない🤣
    一緒を感じて
    一緒を積み重ねたいです❣️
    感じる心を育みたい✨✨✨

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

つもりの人生、希望の人生〜ゴルフから学ぶ〜

HOPブログ 『ティーチングポイント』の このコーナー♪ せっかく講師の部屋なのに テーマの内容だけじゃもったいない❣️ と、いうことで、 遅ればせながら、講師3人の 日々あったこと、気づきなどを 載 …

うちなー母ちゃんが熱い?

2018年❣️ 新しい 年となり さっそく 始まったのは 来たる13日の 子育てHAPPY SWITH?に 向けて 沖縄サポートメンバーとの 準備や打ち合わせ 各担当をそれぞれ決めながら 細かい流れの …

メッセージ 大募集❣️😆✨

笑いでうめつくそう❣️ メッセージ 大募集✨   毎月のセミナーや講演会で 立ててある 親力プログラム 1010HAPPYのぼり🏳✨を リニューアル✨❣️   と、いうことで… の …

おっぱいはママを育てる♡

今日のやんちゃブログは\(^o^)/ 池原由貴子さんです 元助産師の彼女は、スタッフの沙織さんとの会話から 母乳の大切さを教えてくれます! 池原由貴子 スタッフの沙織さんは3児のお母さん。 一番下の真 …

ビックニュ〜〜ス✨❣️永久保存版✨第3弾✨

こんにちは〜 今日もハツラツ✨由貴子です😊 さてさて❣️ 今日はビックなお知らせだよ❣️   もう❣️言いたくてしょうがないから 言っちゃうね❣️(笑)😆   ↓👇👇じゃじゃ〜〜ん …

訪問者数

  • 8今日の閲覧数:
  • 145昨日の閲覧数:
親力プログラムは親自身が「生きる力」を身に付けることによって子供に生涯にわたっての「終生免疫力」を培います。 「やんちゃな神さま」著者の金城幸政先生が、人間の仕組みに沿って開発し、最終的には「誰といても・どこにいても・どんな時も、自分らしくいられる」といった、本当の自分らしさに辿り着きます。それは社会での人財育成にも必要不可欠なこと。 「自分自身が尊い」という『自尊心』を培い、笑える子育て!を目指します。
〒901-2113 沖縄県浦添市字大平503-5 ベルグ大平マンション101号室 TEL:098-943-9091 MAIL:info@enrin.co.jp