読者登録

由貴子のつぶやき 未分類

『希望にたどり着くまで』 〜親切 からの 私のくどさ〜

投稿日:

 

十何年も乗っていた車が後1年で

車検切れになる時のこと。

  

そろそろ、替え時かなぁって思っていた時だった。

  

前の車も自分で

ローンを組んで購入。

  

働いてからは車も服も何もかも、

もちろん、家賃や生活費までも😅

物は自分で働いて買うとしか発想しかない私は超孤立隊。買い物も一人。

   

自分のことは自分でという、

自立を履き違えていた😅

 

でも、私が初めて人を頼ることを知り、愛着心、そして本当の家族というものを教えてくれたのが金城先生。

     

先生の元で全てをやり直し、

一緒に買い物をすることや

お金の使い方、欲しいものはお願いしたり、相談すること。

そんな事もゼロから教えてもらって。

私の中で物の価値さえも変わった。

 

だから、

何か買うときには小さなものでも

先生に相談するようにしている。

 

  

それで早速新しい車の相談をした。

そしたら先生が提案してくれたのが、

父親からお金を借りることだった。

 

   

えっ!

父親からお金を借りる⁉︎

親に頼るなんて発想はなかったな〜😅

 

うちの父親は会社を経営している人で

いわゆる仕事人間のお金の人。

家庭を顧みない父に母親は悪口ばかり言ってたから、そんな父に対して私は嫌なイメージしかなかったんだよね。

だから、父に頼る発想がない。

それもお金のことで。

それも車の購入金なんて、

そんな大金、お金に厳しい

父が出してくれるはずがない

最初は抵抗感があった。

 

でも、先生がそう言うからには

何か学ぶことがあるんだろうな

先生に相談していきながらやってみよう。

 

だから、意を決して実家の父の元へ。

そもそも、父にたわいなく自分の事を話したり、相談する、お願いするなんて今まで一度もない。

だから、何を話していいのかさえも

わからない😅

こんな事がないと、こんな風に話す機会すらないんだから、もはや他人以上に他人。

私は意気込んでたし、緊張してた(笑)

先生に教えてもらったような言い方で

話し始めた。

父に自分の今の状況、ゆうゆとの生活や

車の替え買い時であること、

今の仕事のこと、将来の夢、

そういうことを説明し、協力を求めた。

 

  

父はまず

「何でそんな新車がお前に必要なんだ、

贅沢だ!」と反対。

   

母子家庭で一人でやると決めたなら、今の生活に合った車、中古で自分で買えるだけの金額の車でいいだろう。

お前にはそのくらいの車でいい!

と言った。

    

そんな父に私は

なんでわかってくれない!とぶつかる。

  

父と話しても平行線。

そして、先生の所に行く私。

   

先生、父がこう言うんです。

父が、父がと言う私。

先生はそんな私の顔をみて

ポツリと言った。

 

父が?

由貴子、お父さんはそんな人だよ。

あなたがそれをわかるまでは

無理だろうね

 

  

えっ⁉︎⁉︎😳

   

先生: お金を借りるために

相手を納得させるために

話してないか?

 

そもそも、あなたの中にそんな

魂胆があるうちは

相手は動かないよ。

 

  

魂胆⁉︎😱

⁉︎

  

やんちゃ神さまにも書いてある

「希望は叶うが、魂胆は叶わない」

  

希望で話してると思ってたけど、

これ魂胆なの⁉︎ってくらいビックリ。

  

でも、先生に言われて、確かに

自分の中に相手が納得するようにって

考えて言葉を考えている小賢しい自分がいるってわかった😱性格わる〜〜

   

先生からは、

真っ直ぐに想いを伝えること。

これならどうかな?

あー言ったらどうかな?ってくらい

楽しむこと。

   

とにかく、やるしかないんだから

チャレンジあるのみ!と

背中を押してもらった。

 

そうやって、何回も頼みに行く。

父に向いてた矢印が、私に向く。

で、まずわかったのが

私、自分だけの主張で、

相手の言うことは何にも聞いてないって

わかった😅

だから相手だって聞くはずがない。

自惚れてる〜😅

   

だから、まずは

相手の話を聞くこと。

先生も同じこと言ってたな〜

基本だった💦😅

 

後、どうせ💢聞いてくれないよ!と

思っている私は、最初っから

父を一切拒否してた。

言われたくない!も大きかった。

父が思うことや考え、話すことで、父なりの生き方、愛し方、この人はこういう人なんだと、自分とは違うんだと。

それはそれで理解できた。

そして、理解すると、私は今まで母親を通しての父しか見ておらず、勝手にこういう人だと決めつけていた。

だから、当たり前の関わりを自分からしていない結果、お互いが無関心の関係になった。

ほんと、子供はお母さんしか見ていないし、お母さんの価値が無意識にも子供の価値を決めているってわかる。

   

実際に直接関わると、

父の事実がみえた。

そして、

父と関われば関わるほど、

魂胆や自惚れの自分がわかってくる😅

父との関わりも、その時その時真っ直ぐに本音を言えばいいだけだった。

当たり前のことだった。

   

それを嫌だからと逃げたり、ごまかして避けていた事が今、こうやって出てきてるだけだとわかった。

なんだ難しくしてるのは私か😅

全部私。

一つひとつやる中で積み重ねていくしか

ないなと思い、通い続けた。

お金を借りることは

相変わらず断り続けられ。

話すたびにぶつかっては

落ち込んでいた(笑)

   

その度に先生に相談する。

先生はいつも微笑んで

「落ち込む暇があるなら行け!

信頼しなさい、そして楽しみなさい」とだけ言ってくれた。

  

それを言われると、

「あ、私信頼してない、楽しんでない」とすぐに矢印を自分に向け、

我に帰ることができ、またチャレンジ。

 

そんな私を先生はいつも見守ってくれ、アドバイスをくれた。

進んでいないようで進んでる⁉︎

父とのそんなやりとりは

なんと、1年続いた!

何ヶ月も先生に一緒に探してもらって

自分に合う車も見つかった!

けど、父は相変わらずの門前払い。

どんどん、車検が期限も押し迫ってきて

タイムリミットも近づいていく

もう、後がない

  

今まで、父を説得させようとしていた

。でも流石に1年もやると、なす術も無くわからなくなってしまった…

もう、あーだこーだ言ってる

場合じゃない!

それで、意を決して父の元へ。

「お父さん!

車検で車が使えなくなるの

どうしようもない。

お願い、助けてほしい!」

 

何をどう話したというよりも

もうお願いします!みたいな(笑)

   

そしたら、父が

「いつまでに準備すればいい?」

えっ⁉︎

:「えっと…○日までに

父は「分かった」と一言。

:「あ、ありがとう

父のあっさりとした対応に

何で?と私は意味不明。

   

今までの1年は何だった?(笑)

訳もわからず、すぐに先生に報告。

  

そしたら、先生が言った。

『そもそもお父さんは どんな状況で

娘が暮らしているのかを気にかけていたんだよ

お金を出す出さないの前に

どんな生活をしてるのかを心配してたんだよ

だから 由貴子があるがまま 

そのままの気持ちを伝えたら

そんなに大変なら助けようって

思っただけだよ

由貴子の気持ちが分かったから

出来ればっていう心構えと

どうしてもっていう心構えとでは

全く違う

どうやったらお金を出してくれるかを

考えて話す言葉や態度と

本当に困ってるので 助けてください

っていう態度ととでは全く違うのは

当たり前だよ

しかもお父さんは 車屋さんに自分から

出かけていって 支払いまでやってくれている

  

駆け引きではなく

本当の願い

それがお父さんの心を動かしただけだよ

変な駆け引きや魂胆

あれやこれやの言い回しで納得させようとして どうこう思わせるために周りくどい言葉ばかり

挙げ句の果てに相手をコントロールする

いやらしさ

 

正しく お父さんを説得するのに

1年もかかったと思う由貴子と

駆け引き、魂胆、いやらしい人間関係

を止めて 素直で正直に伝えるまで

1年もかけてしまう由貴子か

って言った時に お父さんのこと

ではなく

由貴子のくどさ

それが1年もかけてしまう

お前だよ』

 

本当に私だ😅

親力プログラムのテーマに「親切」

というのがある

それを通して自分の人間性を整理整頓してないと本当にヤバイって思った経験だった

素直に生きよう〜〜!

 

-由貴子のつぶやき, 未分類

執筆者:


  1. 鮎美 より:

    孤立隊って正に私だーー😂
    でも、こうやってひとつひとつ丁寧にやっていった事で今の由貴ちゃんがあるんだね〜🥰
    私もひとつひとつ丁寧に、一歩ずつ成長していこう❣️✨

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

感じることは 生きること

感じることは 生きること   親力プログラムは 考えることから感じるへシフト✨   今日は、不感症だった私が 考えるから感じるへシフトした 体験をお伝えします。   感じ …

親力プログラムってさ〜♪

東京セミナーウィーク   やんちゃな 愛メシセミナー! 今月も会場、大爆笑で大盛り上がり。 笑いの中に 気づきあり〜♪   その中で 先生が言ってたの。   『 僕が 親力プログラ …

THE❗️『親切』❗️✨〜まとめ〜

 親力プログラム 1010HAPPYクラス 今月は 3ヶ月のまとめ〜!! 『親切のプロセス』 『観の見直し』 『母性と父性の役割』の中の どのテーマもめちゃビックテーマだけど 特に『親切』❗️ どんな …

家に落ち着く🏠

私には娘(ゆうゆ)がいる。 ゆうゆが小学校の低学年から、毎月の東京出張、先生の講演会がある時など一緒に同行させてもらっている。   出張中は金城家がゆうゆを預かって、何から何まで関わってくれていて、そ …

親力プログラム in 沖縄 1010 ハッピークラス テーマは「アイコンタクト スキンシップ」

    先月、2018年 始めの授業は 親力プログラムの大切さと 1年間 セミナーを受講するにあたっての 心構えについて お話ししましたが 今月からは いよいよ 本題に入ります 今 …

訪問者数

  • 40今日の閲覧数:
  • 165昨日の閲覧数:
親力プログラムは親自身が「生きる力」を身に付けることによって子供に生涯にわたっての「終生免疫力」を培います。 「やんちゃな神さま」著者の金城幸政先生が、人間の仕組みに沿って開発し、最終的には「誰といても・どこにいても・どんな時も、自分らしくいられる」といった、本当の自分らしさに辿り着きます。それは社会での人財育成にも必要不可欠なこと。 「自分自身が尊い」という『自尊心』を培い、笑える子育て!を目指します。
〒901-2113 沖縄県浦添市字大平503-5 ベルグ大平マンション101号室 TEL:098-943-9091 MAIL:info@enrin.co.jp