楽しむことが 生きるマナー✨やんちゃツアー❣️を終えて✨

楽しむことが 生きるマナー✨やんちゃツアー❣️を終えて✨

親力プログラム実践ツアー

やんちゃツアー9❗️

今回は、なんと!1日目に台風直撃という

予想外の展開❗️👀

日程が1日少なくなり、急遽スケジュールも

変わったけど、トラブルはここからが面白い❗️😊(笑)

どうなっても大丈夫!と揺るがないのは

私たちが伝えることは一つだから。

食べる、遊ぶ、寝るという

当たり前の生活の中にある

親力プログラムの基本。

その基本の

「金城家の子育て」を体感してほしい❣️

そう願って、ヤング、スタッフ、ボランティアスタッフ一同、ありったけの気持ちで迎え入れました😊

特に黒子と言われる準備、食事などを

切り盛りするメンバーの皆さんの存在は

本当にありがとうしかないくらいで。

やんちゃツアーはこうやって

支えられて出来ているし、私自身もここに

いれることにただただありがとうしかないんだよね。

やんちゃツアーの裏側の様子はこちらから

毎日ゆきまさ  やんちゃツアー

まずは、ありがとうの感謝から

親力プログラムで伝える

生きる基本だよね。

誰もが、

今回さらに実感した

「何をする」じゃなくて、「誰とするか」。

とにかく一緒にやることって

大きいな〜って感じたよ。

「心地」

これがあるかないかで

考えるか感じるか

子供を見るか観るかも

全然違う。

 

でも

やんちゃツアーでは直に関わったり

触れ合うことで

その「心地」を伝えることが

できるんだよね。

参加する一人ひとりと話したりする中で

感じるのは

やんちゃツアーが「教育」の実践の場って

こと。

   

教育って

学ぶとか、覚えるとかじゃなくて

この環境にいて、関わっていく中で

自然と染み込んでいくし、わかっていくこと、育つことなんだって感じる。

特に、子供たちの変化は早い!

 

 

ヤングと関わる中でメキメキと

生きる力が育ってる。

お母さん、負けてられないね!(笑)

   

ダイレクトな学び、環境を感じる、

実践できるやんちゃツアーは

親力プログラムのテーマが

一瞬、一瞬に込められている。

 

   

人が環境。

環境が人。

家庭から社会へと進む「人」を育てる

やんちゃツアーは親子だけではなくて、

全ての人の教育の原点。

何年も何回も通ったお母さんたちは

今じゃボランティアスタッフとなり

今度は与える側となって動いてくれているんだよね。

    

自分たちがもらった心地を次のお母さんに。

気持ちがわかるからこそ、

同じ心地の共感が生まれる。

お母さんがお母さんを育ててる。

そんな仲間が毎年回を重ねる度に

増えていくのが嬉しい〜!

なんか、そういう感謝の循環が目にみえたのが今年のやんちゃツアーだったなぁって

振り返って思う。

   

この「心地」をもちかえって

家庭を毎日やんちゃツアーで

過ごしてほしい。

そして、当たり前の環境にしていこう!

参加された皆さん、

黒子の皆さん、施設の皆さん

それから、全ての皆さん

本当にありがとうございました😊