希望で生きる

投稿日:

田邉 由恵

今回の講座で沙織さんが話してくれた、希望で生きること、
私もいま新しい住まいを探していて、沙織さんと全く同じことしてるー!って、
思わず笑ってしまった。

お金にとらわれているつもりはなかったけれど、
候補になったあちこちの住まいの家賃だけがやたら記憶にある。
ってことは・・・ってことよね~。
そして、私、「何も問題のない部屋」を探していたみたい。

結果的に、あれはここがダメ、これはあれがダメ、で決まらない。

講座から帰宅するバスのなかで、ぼーーっとそのことを振り返っていたら、
私、全然希望で生きてない!!って気づいて、いきなり愕然とした。

全然だ・・・ぜんぶだ・・・
希望が大事とも思ってない・・・

 

でも、それに気づくと同時に、ぱあああああって目の前が明るくなって、
前日から続いていた頭痛が、すううううううって消えて、
爽快になった。

そうだったんだ!

じゃあ、これから、私、希望で生きることにしーようっと!

そう思った瞬間、柔らかく力が抜けて、

このしばらくの私が、完全なる戦闘態勢だったことに気づく。

 

あら~・・・私、かなり戦ってたんだな~・・・

戦っていたのは、主に、今は、

マスクのこと、5Gのこと、ワクチンのこと、
何かしないと、何かしないと、何か動かないと、って
ほぼ無意識なんだけど、焦っていた。

 

何をしたらいいんだろうってずっと考えてた。

デモをする?どこに訴える?って、

常に臨戦態勢だった。

 

ほーっと力が抜けたまま帰宅して、

おうち探しのこと、改めてみんなで希望を話し合おうねって
夕食を食べながら話していたら、私の中からキラキラ✨のこうしたいな~が、

どんどん出てきた。
二人からもどんどん出てくる。
食卓が笑い声であふれた。

あ。。。れ。。。。今まで何をしてたんだろう???

おうちのことは、ゆっくり探していこうね~ということになった。

 

今、現状で、引っ越しをしたいのは、私だけ。

だから、あれが必要、これが必要って条件を並べて、文句のない家を探して、
二人を説得しようとしている。

こんな感じのことをずっとしてきた。

自分の希望を、それとして大事にしていない。
いつも誰かを気にしていて、
叶うか叶わないかの結果を気にしている。

 

希望って、誰かが言っていたら、可愛いし、キラキラだし、

いくらでも言って~~って感じだし、かなえてあげたくなる。

なんで自分の希望を、最初からないものみたいな扱いにしていたのかなって、
自分に対して、申し訳なかったな~って思った。
自分に理解がなかった。

 

今回、先生のお話のなかで印象的だったのは、先生と先生の子どもたちとのやりとりのこと。

携帯電話がほしい、というとき、部活で遅くなった時の連絡用に必要だから~じゃなくて、まっすぐ言え!って、先生は関わっていた、というお話。

 

私は、携帯電話がこうこうこういう理由で必要です!というのをずっとずっと練習してきて、それはたぶん親とのかかわりの中で学んできたことなのだけど、

誰に対しても、そうやって、自分の気持ちや希望をまっすぐ言うのではなくて

理屈や理論で説得しようとしてきたんだな、っていうのが観えた。

 

説得するのが当たり前で、そういうやり方を磨くことにしか関心がないから、自覚すらなかった。

 

そして、相手に理解されないとき、意見が合わないときには、
戦うって方法しかない。戦うしか方法を知らない。
だから、ワクチンが危険ってなったら、ワクチンを打たせようとする人も、

打とうとする人も、無関心な人も、みんながみんな敵にみえる。
うーん、疲れるよね~~。

 

だけど、これもまた今回のセミナーで新鮮に聞こえたのだけど、

こういう自分と、こういう自分、どっちが自分らしい?どっちの自分がふさわしいと思う?と

正すんじゃなくて、問いかけるということ。

 

戦う私と、希望を言う私、どっちの自分がしっくりくる?どっちの自分が自分らしい?って

初めて、戦う自分を直すべき、じゃなくて、選択として、目の前に置いた。

そうしたら、何の迷いもなく、私は希望にまっしぐらで生きたい!って出てきた。

健康で幸せな未来を、みーんなで創っていきたい!
みんなが笑顔でのびのび暮らせる社会を創っていきたい!
ああじゃないもの、こうじゃないもの、を、正していきたいわけじゃない。

 

私の心持ちひとつでこんなに家庭が変わるなら、社会も変わる。

 

どういう未来を創っていく?私は、こういう未来がほしい、って、
ちいさいこと、ささやかなことも

大きなことも、

自分が大切にする、そして、まっすぐ伝える。

そして、やってみると、
素直になるって、ほんとに大事だな~、と改めて実感する。

すぐねじって怒って伝えようとする癖が、恥ずかしいくらい出てきちゃう。

素直になるだけだな~って、今、「素直に」が自分のなかでは

それが一番のキーワード。

 

日々の生活のなかで、その練習のチャンスはたくさんたくさん、あるから、
一つずつ、練習していきます。

-

執筆者:


  1. アバター 友紀子 より:

    何が自分らしいか?ふさわしいのか?
    正すんじゃなくて、問いかけること。
    ほんとだね〜ー😊
    自分を知りたいって、
    新たに自分が選ぶっていうこと。
    ワクワク💓

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ひろきくんの言葉に、心を射抜かれたママ続出!

レポーターの藤井里佳です。   今回の講演会にサプライズとして登場した、小学校2年生の田邊ひろきくん。 地球の子ども代表で、「大人たちに伝えたいことがある」とスピーチしてくれました。 &nb …

STORY4 懇親会とスイーツ

おなじみレポーターの藤井里佳です!     講演会も目前に迫り、アドバイザークラスのあとに、 1階カフェで、懇親会を開催。 どんな講演会にするか、イメージを金城先生とともに確認しま …

STORY3 講演会準備、盛り上がってます!

レポーターの藤井里佳です!     ネットのランディングページをつくってくれたのは、 河野鳥クミコちゃんと、   滝沢典子ちゃん。   とってもわかりやすく、見 …

講演会参加者の感想はコチラへ♪♫♪

〝いのちが輝くHappy  子育て〟講演会の感想を一部掲載しますね♪ 今回、感想(アンケート)の回収率はなんと!!60パーセント近い!! そして、講演会に来たキッカケが、友人、知人の紹介がアンケートの …

4年間の軌跡!いよいよ始まります。

『いのちが輝くHAPPY子育て』 〜「親力プログラム」で子育ての基本”生きる力”を養おう!〜 親力プログラムを4年間 学んだ アドバイザークラスのみんなで創った講演会✨ 4年間 …