何といっても親切

投稿日:

8月青山1010HAPPY 感想

遠藤  純子

 

 

親切

 

すごい大っきなテーマ!

 

今回は何度も何度も書き直した

 

何度書いても暗かったり

まとまらなくて

出したくなくて

のびのびになってしまった

 

先生に、いじける自分やめます

って言いにいった時

「暗い記事かいて」

と言われて

冗談かと思って

えー嫌だぁー!笑

と返事したのだけど(おいおい、私)

 

意味のないことは何一つない気がしてきて

 

もう、暗くてもいいか!

何度書いても暗いのを

このまま出してみようと思った

 

今月は

さおりさんの言葉を手帳に書きうつして

ゆっくり読んでみた

 

1ページにひと区切りの文章を書くと

ゆっくりとしたペースで

私には読みやすかった

 

全て事実しか書いてなくて

すごくわかりやすい

 

読みながら

母は母なりに精一杯

のフレーズ

 

講座の時、私がカチンときた部分で

でも、

私も母の気持ちがわかる!

精一杯だわー!と思った部分

 

楽しい明るい家庭を

提供してもらえない環境だったけど

母は母なりに精一杯だった

 

それは彼女に対する「理解」

 

ここでいう理解

全てに通じる理解

 

理解したいなぁ

と思った

 

そもそも

自分のことを理解していないから

誰も理解できない

と親力で教えてもらった

 

自分も理解していない

それが私の状態

 

まず私を理解するとこから💦

 

絡まりまくって混乱の極み

それが今の私だわぁ

 

 

そして改めて

そんな私を受け入れて

 

産んでくれたって

本当にめちゃ有難いことだと思った

 

産むって決めてくれたから

今、私は生きて

ここにいる

 

受け入れてくれたこと

この世に産み出してくれたこと

 

本当、それだけでよかったんだ

 

後、今回

親とのことを振り返ってみて

思い出したことがあった

 

 

すっかり忘れていたこと

 

母が精神病になったのは

私が20代の頃だったのだけど

 

その時にみた

とても印象的な夢を思い出した

 

 

夢の内容はこうだ

 

高速道路の真ん中に母が立っていて

両脇を車がビュンビュン走ってる

 

私は高速の外側にたっていて

母を助けに行きたいと思っている

 

歩いたらすぐそこに母はいる

目の前にいる

 

でも、助けにいったら

自分が死ぬ

 

って言う夢

 

 

そんな夢をみたことを思い出した!

 

まだ、あそこに

私は立っていたんじゃないかと

ふと思った

 

先生が小さな頃

お母さんに殺される夢を見たと

話していたこと

 

すごく思い出した

 

まだちっちゃくて

お母さんが大好きで

どんなに苦しくて

辛かったろうなと思った

 

でも、自分を生きると決めた

 

その話を思い出した

 

(正確にいうと、怖い夢をみたってとこしか聞いてなくて

あれ、どんな話しだったっけ?結末はなんだったっけー?

といろんな人に聞きまくり、大塚たかちゃんに教えてもらった。

結構、皆、最後まで聞いていなかったことも知った、笑)

 

自分の人生を

自分で決めて歩くこと

 

産んでくれただけで感謝

その気持ちを土台に

 

私も私の希望を生きて

クリアに生きたい

 

混乱しながらも

方向を決めようとするって凄い!

なんか、やってることおかしいかもですが!笑

 

ひとっ飛びで進む人もいるけど

1ページにひと区切りの文章を

ゆっくり読むのが今のペースみたいなので

ここは焦らずに

 

その都度理解しながら親切を続けていこう

 

そんな気持ちになった

親切の講座後の1ヶ月でした

-

執筆者:


  1. くわ えり くわ えり より:

    純ちゃんの丁寧さが伝わってきて
    とても安心するというかホッとするというか💕
    私も、今のスローーーーな私をうけとめて、
    ひとっ飛びで飛んでいきたい気持ちもあるってこともうけとめて(笑)、
    あきらめず一歩一歩丁寧に歩んでいきたいな、
    前を行ってくれる人に続きたいなって、
    思いました✨
    ありがとう純ちゃん😊

  2. ちか ちか より:

    純ちゃん、それでも書いて出すところが凄い!って、最初に思ったよ。

    ひとつひとつ丁寧に。
    まずは受け入れるところから。
    向き合い続ける。

    ずっと聞いてきた言葉で、自分でも使ってきたけど、どこまでも分かってなかったなぁ~、やっぱりここだなぁ~が続いていくな、と感じていたから、
    純ちゃんのプロセスもとってもあたたかく感じたよ。

    ゆっくりでいい。
    ひとっ飛びで行きたい。
    あるある。
    辿る道は違っても同じなんだなぁ。
    書いてくれてありがとう。

  3. miwakotakahashi miwakotakahashi より:

    じゅんちゃん💕
    自分の人生を自分で決めて歩くこと
    書いてくれてありがとう
    言葉にして、言葉を通して、
    出さなきゃわからないし
    伝わらないよね❣️
    わからないからこそやっていきたいって思う❣️

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

STORY7 講演会前日はボルテージマックス!

レポーターの藤井里佳です!     アドバイザーの仲間が、 なんと! 講演会の宣伝を、 朝霞FMラジオで宣伝してくれました。   番組前のミーティング中♪   …

家族 総出で応援‼️

ここからは、宮良(親力プログラム講師)が一時、リポートのバトンタッチ‼️ 藤井里佳さんは何を隠そう司会でドキドキ?緊張感漂い、余裕がないんです(笑)(^_-)その様子は、続きを見てほしいな。 &nbs …

やるときはやる! アドバイザーメンバーの底力

レポート、藤井里佳に戻りました!   司会、最初は緊張したけど、小堀さんがずっと隣についていてくれたので、落ち着いて任務を果たすことができました♪   そこで、今だから言える、裏話 …

STORY2 場所決め&フライヤーづくり

レポーターの藤井里佳です!   この講演会の企画が立ちあがったのは、9月中旬。 「開催までに2カ月しかない!」ということで、 アドバイザークラスが一致団結。 連絡は、Facebookのメッセ …

STORY6 ワクワクの時間

ハイサ~イ!(沖縄風♪) レポーターの藤井里佳です。   講演会まであと1週間ちょっと。 ということで、2日間に渡って、最後の準備をしました。   看板づくりの中心は、松本美希ちゃ …