走って、感じて、これまでの私にさようなら✨

投稿日:

田邉 由恵

今年の1月からほぼ週1のペースで家族で走ってきて、
(このところは暑すぎてちょっとお休み中)
どうも生理の日にはいつものように走れないし、
途中から頭痛がしたりする、

一度は帰宅後に寝込むほどの生理痛になってしまった。

 

そのことを藤沢の講座の日にあゆみちゃんに相談したら、

 

女性の身体は男性とは違うよ~。

その状態みたら、生理のときは無理しない、動きすぎないほうがいいね。

身体に相談しながらやってね~!

夫や息子と一緒にやることはとってもいいことだけど、

同じにやろうとしないよ~、

男性と女性は、筋肉の付き方とか、そもそも生理があることも、

違うからね~

仕組みとか知りたいでしょ?女性が書いたランニングの本とか、

女性の身体の仕組みのこと書いてあるものとか、

学んでみたら面白いよ!

 

って教えてもらった。

目からうろこボロボロ!!びっくり!!
相談してよかった~~~!!

 

そっかーーーーー!

 

私、女性なんだ!

女性は男性とは違うんだ!

 

ただ違うんだってことが、すごくすごくほっとした。

帰り道、身体がほっとして力が抜けて気持ちよくて、

一緒に行った夫や息子に「なんかほんとにほっとしたんだ~」って

何度も言った。

 

私、決めた日に、決まった分だけやることが正しいと思ってた。

生理だからって言い訳しちゃいけないって思ってた。

夫も息子も、いつもコンスタントに同じくらいの距離を走れるし
(調子が良くて増やすときもある)終わってからサッカーもしてる。

 

私は体調によって走れる距離が違うし、一緒にサッカーもするけど、すぐばてる。

 

体力がないからついていけないんだ、頑張らなきゃ頑張らなきゃって思ってたけど、

そもそも違うんだ~。

 

気合で、根性で、努力で、何とかしようとしてた。

 

そして、ランニング初心者向けの本読んだり、インターネットで見てみたり

したけれど、ぜんぶ、男性が書いたものしか読んでない!!

それに、生理の時、身体に何が起こっているのか、
もしかしたら無知のレベルかも!?

 

そうだよね~、私、女だよね~。

 

そういえば、数か月前のことだけど、

私は自分を「男ではない」と思っていると気づいた。

 

何かの記入用紙の「男 女」と書いてある欄にマルをつけるとき、

「男」って文字を見ながら、「男ではない」って頭の中で確認して、

男ではないほうにマルをしたら、突然「女」っていう文字が目に飛び込んできて、

女? 私、女?????

 

ってびっくりしたのだ。

 

ずっとそうやっていたことにまったく気づかなかった自分が、怖ーい!!

 

教育の呪いっていったときに、

とても乱暴な男女平等のありかたは、その一つで、

どこにも女性としての生き方を学ぶ場所が、ない。

特に学歴社会で突っ走ってきた私の道には、なかった。

女性はこうあるべし、という古い価値観を壊したい、逆らいたい、と思い過ぎて
自分がどうしたいか、自分はどんな人間なのか、どう生きたいか、
私、をみてこなかった。

ただ、男性に負けたくない一心で、男性と同じように頑張ることが
新しい女性の生き方を創ることだと思っていたし、
そういう女性が私の中のヒーロー(彼女たちはヒロインではないし、私もヒロインは目指してなかった)だった。
大学の先生になりたかったのも、それが性差に関係なく
業績で評価される職業だったから、というのもある。

 

私は、もともとは男子高だった、長い歴史のある高校の卒業生。
女子のほうがずっと少なくて、その中では女子だからって扱いをされないことが
嬉しかったし、誇らしかった。

 

当時から勉強の何が好きか、受験の何が好きかって、平等なところ。

女だからって、ない。

本当にフェアなシステムだと思ったし、そこでこそ自分が活きると高校時代に思った。

あるとき、定期試験の日に生理痛が酷くて保健室で受験していたら、
担任の先生が「中島(旧姓)は、メンタルが弱いのが課題だな」って言った。

それがものすごく悔しくて、

そこから、生理痛と戦うっていうドラマを始めてしまった。

 

当時のことが鮮やかによみがえってきたけど、
いまはただ、あの担任の男の先生には、生理痛って理解できなかったよね~~って思った。

無理なものは、無理。

 

私に理解力がない、知らない、だから、わからなかった、

ただそれだけで、男社会に怒りながら、女性である自分を誤解しながら、
「男ではない」私、ずいぶん頑張ってきたんだな~。

 

生理のせいで生産性が落ちないようになることをゴールにしていた。

いつも通りの仕事ができるように、生理に負けないように、

生理痛を克服しようと、またあれこれ頑張った。

 

ずっとそんなことしてきたのに、生理が止まることもなく、
病気になることもなく、子どもも産めた。
ありがたいなあ。

本当にありがたい。

これからの人生は、身体への感謝とともに女性を生きたい。

 

これからゆっくり時間をかけて、本来の私として、

女性としての私を感じて生きていきたい。

 

走ることについては。

走っているのは、健康のため。元気な身体づくりのため。

そして走ったら余計なこと考えなくてスッキリしてハッピーになれるから、楽しい。
家族でストレッチして筋トレして公園に行く、すべてが楽しい。

楽しく走ることをこの先も長く続けていけるように、

身体と相談しながら、やっていこう。
自分を大切にするために、する。それを一番に。

身体と相談✨ 改めてなんかジワ~~っとくる。
ほっとする~~。

 

★★★

 

あゆみちゃんには、最後に、とにかく続けたことがすごいことだから、

そこ、大事にしてねって言ってもらった。

 

自分ではたった半年、しかも全然距離は伸びてないし。。。って思ってたから、

それもびっくりしたし、とっても嬉しかった。

 

ほんと、そうだよね~。

やってこなかった、やろうとしても続けてこられなかったのに、

続けられたんだな~。

家族で楽しくやっているから、気づいたらもう半年だった。

 

そういう自分を認める目で見てみると、

 

すごく自分が変わっていっているのがわかる。

 

スポーツなんて時間の無駄って思ってて観戦すらしなかったのに、サッカー観戦に夢中の息子に最初はついていくかたちで、今は喜んで、

サッカーをスタジアムに観に行く。

 

そして、自分でもやりたくなってしまった息子と夫と一緒に、

人生ほぼ初めて、サッカーをやっている!!

 

★ゴールを買った!

学生時代、体育の授業でチョロっとサッカーをやったけど、

ものすごい苦手で、ディフェンスと称して突っ立っているだけだった。

なのに、なんかいま、ドリブルとかできちゃうし!ボール奪えるし!

この年でサッカーがうまくなるなんてあるんだ!!って密かにすっごく嬉しい。

この間、家族でスタジアムの見学ツアーに行ったときのこと。

 

暑いから袖をまくっている私が珍しくて面白いって、笑いながら夫が撮ってくれた写真をみたら、

自分でも誰?って思うくらい違ってた。

 

 

・数か月前に生まれて初めてかぶった、キャップ。

・赤が嫌いで赤いものは持たない主義だったのに、去年のやんちゃツアー以来使っている真っ赤なリュック。

・この日の前日に生まれて初めてゲットしたマイユニフォーム。

・ヤングのまねっこして(笑)小6ぶりに履いた白デニム。

 

装いが、別人。

 

何より驚きなのが、35度くらいあるあっつい日の真昼間に、

「ほらほら、早く行くよ!さっさと歩け!」って

キョロキョロよそ見してあれこれ触っている息子をけしかけつつ歩いている事実。
しかも行先はサッカーのスタジアム!

 

暑い日には外に出るものじゃないと思ってた。

日傘をさしてニッコリ笑って子どもを待つ、優しいお母さんになる予定だった(笑)

憧れだった、子どもとお揃いの洋服を着ること・・・は、叶ってる。
が、それがまさかサッカーのユニフォームになるとは思わなかった。

 

自分らしく生きているか、っていったら、全然自分らしく生きてない気もするけど、これが本当に自分らしい気もする。

 

でも、一つだけはっきり言えるのは、いま、楽しいってこと✨

いま、このときを、変わっていく自分を、ただ大切にしたい。

 

 

-

執筆者:


  1. のむらたかこ より:

    由恵ちゃん❤️
    生理痛を克服しようと思ってたの同じ!
    気合いでなんとかしようとしてた笑笑
    命は全自動なのに、抗ってたよね。
    一緒だー😆
    命を、女性だということを、丁寧に扱うことができるようになれるなんて、嬉しいよねー❤️
    最後の写真、ホントに軽やか!

  2. かしりん(藤沢教室) より:

    由恵ちゃんがランニングし始めて、身体動かすのを
    楽しそうに投稿してる記事。
    いつも楽しく読んできたよー❤️
    自分の身体の声を聴くこと。これも自愛なんだねー。
    無邪気な顔でレッツゴー♬してる写真✨
    めっちゃイイねー〜😆‼️好きだなぁ💕

  3. こみや みほ こみや みほ より:

    よしえちゃん

    別人になっていくのを楽しむの、

    素敵だわ〜

    もう写真のよしえちゃん、キラキラしてる!!

  4. miwakotakahashi miwakotakahashi より:

    由恵ちゃん
    由恵ちゃんの文章も柔らかくって力抜けてる感✨感じた
    家族と一緒に楽しんでるプレーヤーを続けて
    変わっていく自分を感じて✨ステキだなぁ💕

  5. eri eri より:

    半年走り続けてるって、ほんとすごいー!
    しかも家族で!
    しかも楽しんで✨
    そしてすごーくかわってて面白いね✨
    思いもよらないところにいるんだね!

    生理の時は、いつもと同じにはいかないよねー^^
    ダンスもそうだよー。
    男性と同じように、って、そこまで意識したことがなかったけど、無意識にやってることがあるのかもしれないな。
    教育の呪いおそるべし!笑

  6. ちか ちか より:

    よしえちゃん、
    写真の由恵ちゃん、めっちゃ可愛い✨
    老眼の遠目でスマホ画面のちっちゃい写真見たら、最初ちえかと思った~(笑)
    スポーツ観戦かぁー、私、まだ行ったことないわー(笑)
    人と関わるって、自分の幅も広げてくれるんだねー。
    家族で楽しめるっていいなぁー♡

  7. 雅子 より:

    男ではない
    若くはないが、おじーさんではない。🤣
    なんじゃそりゃー!!
    私的には 悪くはない、嫌いじゃない ってのとおんなじだ。なんか、ありがとう💖

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

家族 総出で応援‼️

ここからは、宮良(親力プログラム講師)が一時、リポートのバトンタッチ‼️ 藤井里佳さんは何を隠そう司会でドキドキ?緊張感漂い、余裕がないんです(笑)(^_-)その様子は、続きを見てほしいな。 &nbs …

STORY5 メンバー全員でチラシ設置&集客に奔走♪

レポーターの藤井里佳です!     講演会の周知のため、みんなで手分けして、 チラシ配布をしました。 児童館、保育園、幼稚園、学童、 助産院、小児科、カフェ、書店、子育て支援の拠点 …

STORY1 講演会にかける思いは沸騰中!

こんにちは! 「いのちが輝くHAPPY子育て in東京」の 講演会ストーリーの記事を担当させていただきます、 藤井里佳です。     何を隠そう、私もアドバイザークラスの1人。 金城幸政先生 …

STORY2 場所決め&フライヤーづくり

レポーターの藤井里佳です!   この講演会の企画が立ちあがったのは、9月中旬。 「開催までに2カ月しかない!」ということで、 アドバイザークラスが一致団結。 連絡は、Facebookのメッセ …

STORY6 ワクワクの時間

ハイサ~イ!(沖縄風♪) レポーターの藤井里佳です。   講演会まであと1週間ちょっと。 ということで、2日間に渡って、最後の準備をしました。   看板づくりの中心は、松本美希ちゃ …