母親と全部同じ価値観…恐っ

投稿日:

6月青山1010HAPPY 感想

大塚 貴子

 

自分が無意識にも 母親と同じ価値観を持って生きている

と知ったとき 思い出された記憶がある

 

私が幼稚園生だから4~5歳の頃だったと思うのだけど

私は唯一 母を独占できる幼稚園からの帰り道の時間が好きだった 

ある日の帰り道

お兄ちゃんが帰ってきちゃうから早く帰ろう!と言う母

お兄ちゃんが帰ってきた時にお母さんがいないと大変なことになるから!って

当時 兄は小学校低学年

でも私はゆっくり帰りたくて

ちびまる子ちゃんばりに 大丈夫、大丈夫って言いながら

自転車の後ろにも乗らずに呑気に歩いて帰った

家のそばまで来たら 兄の泣き叫ぶ声が聞こえてきた

ほら!と言いながら急いで家に駆け寄る母と同時に

私の目に飛び込んできたのは

パニックを起こして泣き叫んでいる兄と

バリバリに割れたリビングの掃き出し窓

もう その光景にただただびっくりしてしまった

貴子が言うことを聞かないから!

だから早く帰ろうって言ったのに!

って泣きそうな怒った声で母が私に言った

 

そこで 私が思ったことは 

お母さんの言うことを聞かないと恐ろしいことが起きるってこと と

私がやりたいことをやると 誰かを傷付けるんだってこと

捻くれてるね~さらに ドラマ好き

 

そして私は

母と一緒にいる時間を楽しみたかった という自分の気持ちを

消してしまった

私がそう思っていたのに

自分の望みを知っていたのに どうせ叶わないと諦めて

母の意見に逆らわないで(いる風に見せて)愛される方を選んだ

ただ謝って 自分の気持ちを抱きしめてさえいればよかったのに

 

気がつけば

母の意見に従っていれば無事に生きられると思う自分になっていた

めちゃ生存本能で生きてて

自分に信頼もないから苦しくて当たり前だったなと思う

起きる出来事の受け止め方も 今 振り返るとおかしいなと思う

そうじゃないでしょ!って感じ

捻くれるアイデアは私が出したって事実

 

本当にここから 価値の基準を見直して

自分の気持ちを感じながら

自分を愛して育てていこう

でも だっての条件次第の自分から

100%自己責任、自分次第の自分へ💕

 

これまでの勝手な解釈で作り上げてきたたくさんの私の言い分を

気付いた時にひとつひとつ見直して

変わっていきます

自分を幸せにすることで 子供も幸せになっていくってことを

実感を伴って学べるこのプログラム、今更だけど凄~い✨

やんちゃツアーも楽しみ😆

よろしくお願いします❗️

 

-

執筆者:


  1. miwakotakahashi miwakotakahashi より:

    たかちゃん💓
    私はいいわけばかり見つけてた
    何かのせいにしてた
    最初にいた職場の上司に
    言い訳の女王
    あーいえばこーゆうってよく言われてた。。。
    今は、言い訳できないなぁ。。。
    と気づいてしまった
    でも、その方が苦しくないね
    自分次第😆😆😆😆😆
    楽しくなるね

    • TAKAKO OTSUKA TAKAKO OTSUKA より:

      みわこちゃん
      私も言い訳の女王だったよ〜
      今でも思わず言い訳から話しちゃうこと多々ありだけど、そんな自分に気付いて、気付いたらやめることからだよね(๑>◡<๑)
      自分次第って苦しくないね!

  2. ふく より:

    自分がやった分だけ、感じた分だけ
    わかるし共にできるんだねー

    実感を伴うプログラム!
    実践版やんちゃツアー!

    楽しもうねーー❣️

    • TAKAKO OTSUKA TAKAKO OTSUKA より:

      ここにきてようやくスタートって感じだよ〜
      4回目のやんちゃツアー 楽しむよ〜❣️

  3. 川口かおり より:

    とてもわかりやすく、自分もそうやって希望を消して来たんやぁ〜ってフラッシュバックのように蘇りました✨✨
    外に放り出された分、母の言いなりで生きてきたんやぁって事実が見えました!
    シェアありがとうございます❤️

    • TAKAKO OTSUKA TAKAKO OTSUKA より:

      そうそう、放り出されたって感覚😆
      自分が自分を諦めたんだよね
      人はぬくもりひとつで生きていける💕
      子供にはこんな痛い思いさせたくないね

  4. タナベヨシエ タナベヨシエ より:

    貴ちゃん、お兄ちゃんのインパクト凄すぎ!!
    アクション俳優みたいだね!!
    でも、その出来事で貴ちゃんが自分を責めてしまったことも、
    希望を飲み込んでしまったことも、
    なんかすごくわかるー。
    一回の出来事でも、希望を諦めてしまうのは、
    私も同じだな~。

    それにしても、帰ってお母さんがいない!っていう低学年くらいで迎える危機的状況にどう対処するかって
    ほんとに人によって違うね!
    私はそういうときお隣のおばちゃんのおうちにいさせてもらったら、そのおうちがきれいすぎてトイレ貸してくださいって言えず辛かったので(笑)、それ以来、家に帰って鍵がしまってたら物置に隠れて待ってたよ。
    ちなみにひろきは、マンションの1階にあるドラッグストアに行って、店員さんに私のスマホに電話をかけてもらって、自分はスタッフ用休憩室で足をぶらぶらしながら座って待ってた(笑)
    こういうときどうした!?って個性出るね。受け止め方って色々あるんだな~ってわかるとほんと面白いし、自分で選べるって思えてくるね✨

    • TAKAKO OTSUKA TAKAKO OTSUKA より:

      アクション俳優〜www
      ほんとに、どんだけ強く叩いたんや⁉️って思ったよ〜
      窓って割れるんや😱って
      私、いい子=人を困らせない子、でおりたかったんやなぁ〜
      てことは、私を困らせる人は悪いヤツだし、人を困らせる私は悪い子だと思ってた🤭
      それっていい子か⁉️
      都合のいい子だね

      危機的状況下では、その人が持ってる前提があらわになるね
      私はどうしてたかな〜
      鍵がかかってて扉が開かない時の衝撃は覚えてるけど、どうやって待ってたか覚えてな〜い
      窓は割ってないのは確か 笑笑

  5. キエ キエ より:

    タカちゃん❣️
    捻くれ、諦めたのは私!
    お母さん大好きを諦めたのは私!
    響くよー!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

STORY5 メンバー全員でチラシ設置&集客に奔走♪

レポーターの藤井里佳です!     講演会の周知のため、みんなで手分けして、 チラシ配布をしました。 児童館、保育園、幼稚園、学童、 助産院、小児科、カフェ、書店、子育て支援の拠点 …

STORY3 講演会準備、盛り上がってます!

レポーターの藤井里佳です!     ネットのランディングページをつくってくれたのは、 河野鳥クミコちゃんと、   滝沢典子ちゃん。   とってもわかりやすく、見 …

アドバイザークラス それぞれのメッセージ

「アドバイザーコース」受講生からの挨拶 ♪♫     みなさん、子育てを楽しんでますか?  私たち 25名の「親力プログラム・アドバイザーコース」の仲間は、 3年間の「命の基本」を学ぶカリキュラムを終 …

STORY1 講演会にかける思いは沸騰中!

こんにちは! 「いのちが輝くHAPPY子育て in東京」の 講演会ストーリーの記事を担当させていただきます、 藤井里佳です。     何を隠そう、私もアドバイザークラスの1人。 金城幸政先生 …

STORY4 懇親会とスイーツ

おなじみレポーターの藤井里佳です!     講演会も目前に迫り、アドバイザークラスのあとに、 1階カフェで、懇親会を開催。 どんな講演会にするか、イメージを金城先生とともに確認しま …