この現実は、自分がつくっていた!

投稿日:

【3月1010happy感想 藤井里佳】

 

 

先月、立派な人になろうとして、子どもたちにも「こうすべき」「ああすべき」と立派な母親を気取る自分を自覚して以来、娘との間の緊張は自分がつくりだしていること、そのため、娘に気をつかい、まっすぐ言えない自分をずっと感じていました。

 

こんなこと言ったら気を悪くするかな~と思うとき、私も、娘の様子を伺ったり、なだめるように言ったり……。
そういうときは決まって、娘はすねるのです。

そんな娘に手を焼いて、娘の問題と思っていたけれど、この世は100%自分の投影。娘は私。

すねる、ふてくされる、いじける……それは私の姿であって、母に認めてほしい、もっと注目してほしい、その母への反抗期がまだ続いているから、生理的欲求をまっすぐ言えない、関係性に囚われている、そんな私を見せてくれているのが娘だったってことに気づきました。

 

「親切できてない」と言われても、どこがどんなふうにできてないのか、自分ではよくわからなかったけど、まじで私、お母さんにつかまったまま、大人になってたんだ~!! と思ったのです。

 

「お母さんに100%認められたら本当に満足なの?仮に100%、お母さんに認められたとしたら、里佳がなくなって、悦子(母の名前)になるんだよ」

 

そう先生に言ってもらって、お母さんに認められるって自分を失う行為だったの??って目が覚めました。

この環境にいるのは「自分を生きたい」からなのに、親切できてないって、「自分を見失う」ことだったのか。
なんと、真逆のことをしていたんだ!
なんて、バカなことをしていたんだろうと思い、絶対に、お母さんに認められたくない!!って思ったのです(笑)。

 

それから、数日後、近所の公園でアドバイザーを中心に、お花見&レクがあり、娘を誘いました。
じつは、前回レクがあったときにも娘を誘ったのですが、そのときには「絶対いかない! やだ!」と反発されて断念したのです。

今回も断られるかもしれないけどそれはそれでいいと思い、「お花見がてら、お昼ご飯、みんなと食べにいこうよ。楽しいよ~」と軽く誘ったら、意外にも「いいよ」という返事が♪

反発しないで、OKしてくれた! 
もう小躍りするような気持ちに(笑)。

 

当日、私は「娘はなじんでくれるかな。楽しんでくれるかな」と娘のことばかり気になってしかたなかったのですが、みんなフレンドリーに話しかけてくれて、さらに、小さい子どもが大好きな娘は、瞳ちゃんちのたつやくんやゆうかちゃんに釘づけに♪

 

じつは、「お昼ご飯を食べるだけで、遊ばないよ。早めに帰ろう」
と娘には言われていたのだけど、たつやくんとドッチビーをしたり、みんなでドロケーをしたりしているうちに、「けっこう楽しい。もっといたい」と言い出し、最後までその場にいたのです。

 

あれ? なんだろう、この現実……。
娘は集団が嫌いで、レクリエーションなんかで遊んだりしないだろう、と思っていたけれど、それは私がそう思っていたからであって、
娘はそうじゃなかったんだ!
娘もぬくもりでつながる世界が好きだったんだ!
ってことは、私のなかにあった自分への不信、すぐ孤立したがる自分を娘に投影していたってことなんだ!

 

このとき初めて、「娘にはなにもないよ。あなたのなかにあるんだよ」という先生の言葉が深く入りました。

娘がどう思うかを気にするのではなく、まっすぐ「一緒にレクに行きたい」という気持ちで言ったら、その想いがストーンと叶ったのです。

自分が100%現実をつくっているってこういうことなんですね!
なんだか、新鮮な気持ちです♪

 

 

-

執筆者:


  1. ちか ちか より:

    わー、りかちゃん、めっちゃ嬉しいねー💕
    めんどくさいのは自分なんだよねー😂
    全部自分の中かぁー。
    めんどくさいもの、全部捨てたいねー!

    • fujiirika fujiirika より:

      ちかちゃん、あやちゃんがこの環境になじんでるのみて、うらやましかったけど、全部自分の複雑さの投影だったんだね! シンプルに生きたいね!

  2. Miho Komiya Miho Komiya より:

    りかちゃん^_^あのときの娘ちゃん登場は嬉しかったなぁ。
    これからますます娘ちゃんと一緒にこの環境で関われるね!楽しみ^_^

    • fujiirika fujiirika より:

      みほちゃん、みんなと娘がかかわれて、嬉しかった!
      ここからスタートだね!

  3. くわ えり くわ えり より:

    すご〜い!
    嬉しいね😆✨
    「あなたのなかにあるんだよ」
    先生の言葉、なるほどー✨✨✨だねー🌸

    • fujiirika fujiirika より:

      えりちゃん、うまくいかないのは、私のなかにあるものが映ってるだけだと思ったら、なんか拍子抜けしたよー!

  4. ふく より:

    かほちゃんとリカさん、
    表情も仕草もそっくりやったよー😃
    たつやくんやゆうかちゃんを
    うっとり見つめてるのが可愛かったねー✨

    嬉しいね😆💖

    • fujiirika fujiirika より:

      ふくちゃん、娘と私、ソックリなんだね!
      自分じゃわからない🤣
      娘は本当に子供が大好きなの。癒されるのかな。

  5. miwakotakahashi miwakotakahashi より:

    りかさん
    私も
    娘は大丈夫。って言われてた❗️
    私なんだよねえ。。。
    私の中にある余計なものを捨てていきたい❗️

    • fujiirika fujiirika より:

      みわこちゃん、娘に問題なくて、自分なんだよね!
      世の中、すごいしくみで感心しちゃったよ😆

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

STORY5 メンバー全員でチラシ設置&集客に奔走♪

レポーターの藤井里佳です!     講演会の周知のため、みんなで手分けして、 チラシ配布をしました。 児童館、保育園、幼稚園、学童、 助産院、小児科、カフェ、書店、子育て支援の拠点 …

当日準備もワクワクで♪

レポーターの藤井里佳です。   講演会の当日、午前中、準備をするみんなの姿です。   松本美希ちゃんを中心に製作した看板、 上からつりさげるために、みんなで協力!   イ …

STORY1 講演会にかける思いは沸騰中!

こんにちは! 「いのちが輝くHAPPY子育て in東京」の 講演会ストーリーの記事を担当させていただきます、 藤井里佳です。     何を隠そう、私もアドバイザークラスの1人。 金城幸政先生 …

打ち合わせ最終   〝なに話す?どう話す?〟

アドバイザー26人の代表として話す4人はドキドキ?ドキドキ?。 金城先生に、それぞれのポイントを話してもらうけど、ここでもお笑いライブみたいな雰囲気。 〝真面目なお母さん〟より、話せるお母さんとして子 …

次のバトンは藤沢へ・・・

12月26日の藤沢の講演会の主催をする宜保ちゃんが、感想を送ってくれた。   この環境を当たり前の世の中にしたいという思いが一緒。   藤沢はヨーダ滝沢だけではないのであるw &n …